「ニャンモナイト」「飛び猫写真」・・『ネコノミクス』と「ねこ」はやり! 気が付かないうちに経済も「ねこ」頼みのようです!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

巷は結構ネコブームです。


中には野良猫に毎日餌をあげるひともいます。

ともかくも、猫に関心のある人が多い。
それだけは最近分かってきました。

項 目

1 ねこ様!
2 ニャンモナイトからネコノミクスへ
3 猫のドラマ

ねこ様!

知り合いの方から聞いた話では『ねこあつめ』
というゲームが大人気らしいとのこと。

昨日今日のブームではなく、ずいぶん前から
知られていたものらしく。
正確な数字は不明ですが数百万のダウンロードを
数えるようです。

ですから、尋常の域を超えています。

いわゆる大人気でしょう。

これ、公式サイトを見ると、とても「単純」
と言っては失礼ながらも、さほどの斟酌もなく
前に進める感じがあります。

だから受けるのかな?なんて勝手なことを
思いつつ、サイトを眺めますと、自然と気楽な
感じがします。

結局、それだけでも十分居心地よく時間が
過ぎて行くのです。

内容は?と言えば、ゴハンとグッズを置き
庭先に集まってきた『ねこ』たちをただ眺めて
癒される。

それだけの様子。

ちょっと思うことは『ねこ』が好きでない方も
画像、動画の中でのねこさんなら
受け入れられるかもしれません。

そんな感じです。

ネコノミクス 猫侍

ニャンモナイトからネコノミクスへ

ところで、この『ねこ』ゲームアプリをはじめ
あの鍋の中でくるりとアンモナイトのような
姿を見せる『ニャンモナイト』。

動物写真家で著名な岩合光昭さんの写真から
ブームになった『飛び猫写真』等々
『ねこ』に関わる話はとぎれを知りません。

それに合わせたような形で、『ねこ』関連の
グッズが売れているともあります。

こうなってくると、猫様さまですね。
ですので、この経済効果を『ネコノミクス』
と表現する人もいるとのこと。

とうとう、『ねこ』も経済界に進出か!
という感じですが。
『ねこ』関係をもう少し探してみますと
こういうものも出てきました。

アマゾンで見たら
『人生はもっとニャンとかなる!』
明日にもっと幸福をまねく68の方法のタイトル。

これも岩合光昭さんと違ったアプローチですが
『ねこ』が主体の写真集のようです。

しかも、続編もあり卓上カレンダーもあります。
つまり、それだけ猫に癒しを求める(?)人が
多いのでしょう。

猫のドラマ

さらに、思い起こせば、ドラマにも『ねこ』を
冠したものがありました。

今年の4月から6月に『猫侍 SEASON2』
9月には映画『猫侍 南の島へ行く』もアリ。

【猫侍】
斑目久太郎: 北村一輝さん 主演

これも結構人気アリ。
皆さん、『白いねこ』が好きなようです。

ドラマは僕も好きなので、ソコソコ知って
いましたが。
こうなるとあっちを見ても『ねこ』
こっちを見ても『ねこ』という感じ。

ということで、『ねこ』で経済効果が増幅!
あやかりたいと思うのです。

(再見)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハロウィーン 小惑星
  2. 世相 雑学
  3. 神社参拝 御手洗
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。