ヤマトの業者さんが小荷物を収めている姿から思う! 宅配ボックスの利用が進むと再配達率もかなり下がるらしい!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
宅配便の再配達率を減らす宅配ボックスに関して。

「必要は発明の母」の好例かもしれません。
宅配便の業者さんが小荷物を持って受け取り先に
向かったものの。
不在!
ですが、これで困ることが少なくなりそうです。

たまたまヤマトの宅配業者さんが小荷物を収める
場面に出くわしたのです。
話には聞いていましたが「ヘエー、こうやるんだ」
なんて。

実際、その時はそれだけで素通りしたのですが。
どんな種類のものがあるのか通販関係で調べると。
結構多いですね。

軽量、移動が簡易なものから、固定して設置され
「どんとこい」とでも言いたそうなものまで。
多種多様と思います。

そして、ネットの中をさらに歩くと、あるのです。
こうした利用の可能性を追求した話が出てきます。

産経WEST(6月8日)からの記事ですけど。
パナソニックが実験したとあります。
結果は数値だけ記すとですね。

再配達率が 49% から 8% に減少したとあります。

これは大きいですね。
大成果と言えるでしょう。

我が家のことで恐縮ですが、ヤマトさんとか業者
さんの二重手間を考えてというか。

スポンサードリンク


内心怒っているだろうな!と思いながら。
再配達を受けるのが嫌なので、今までの到着実績
と在宅時間での到着時間から逆算して。
アマゾン、楽天とかの通販業者へ注文するのです。

でも、これなら時間気にせず思い立った時に注文
できますから重宝でしょう。

なんて思ったりもしています。

と、我が家に触れましたが、先ほどの再配達率の
件をもう少し考えると、こういうことですよね。

再配達の減少が労働時間を減少させる!

これにつながるわけですから。
これはもう一度、すごいことでしょう。

労働環境の改善にもつながるわけです。
何とも一つのボックス、箱がこれほど生活・労働
面での社会環境に影響を与えるとは。

ヤマト 宅配ボックス

偶然にしても。
目を大きくさせるできごと。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アリゲーターガー 歯
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。