ビットポイントジャパン、仮想通貨35億円分、ハッキングで流出、失う!補償は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回は仮想通貨交換業者、取引所
ビットポイントジャパンへの不正アクセス行為

ハッキングによる仮想通貨流出の件。

ビットポイントジャパン、仮想通貨35億円分、ハッキングで流出、失う!補償は?

・・です。

流出規模は仮想通貨およそ35億円分とあり
現在、取引すべてを停止へ

その流れはこのとおり。
ビットポイントのサイトから引用したもの
親会社が伝えています。

2. 経緯
今回発生した事実とその対応につきましては、以下のとおりであります。
2019 年7月 11 日 22 時 12 分頃 リップルの送金に関するエラーを検知。
BPJ の情報システム部門等で対応開始。
22 時 39 分頃 リップルの不正な流出を確認。
他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。
2019 年7月 12 日 2時 00 分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
3時 00 分 BPJ にて緊急会議を実施。
6時 30 分 BPJ における仮想通貨の送受金を停止。
10 時 30 分 仮想通貨の売買・交換を含む、BPJ の全サービスを停止。

ちなみに
ビットポイントのサイトはこちら(↓)
https://www.bitpoint.co.jp/
新着情報欄にありますよ。

親会社の『株式会社リミックスポイント』が
頭を下げ、株価も下がっています。

責任はあるのでしょうけど。
ちょっと気の毒に映ります。

記事名はこのとおり
『当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)』

とにかく
人々の目を奪うことは間違いないでしょう。
特に仮想通貨に関心のある方々の目を・・

そして、いまだ記憶に新しい
コインチェックさんのネム(XEM)の事案
発生以来(2018年1月以降)

3番目に大きな金額になるのです。

 取引所  流出金額
 ビットポイント  35億円(19年7月)
 Zaif  67億円(18年9月)
 コインチェック  580億円(18年1月)

※ 数値は概数、Zaifさんは70億円の表現もあり

また、流出の内わけを見ると
● 顧客の損失分
: 25億円

● ビットポイントジャパンの損失分
: 10億円

ここで大事な点は管理です。
オフライン状態ではない
ホットウォレットで行っていたとのこと。

少々
いや全面的に油断していたのでしょうか。

この点を考慮すると
仮想通貨交換業者かつ取引所である
ビットポイントジャパンは
「被害者ではない!」
とまでは、極言しませんが

甘い感覚を持っていたとのそしりは
避けられないでしょう。

顧客が一番の被害者ですからね。
「ちゃんと、管理さえしてくれていれば」
との思いは払しょくできないかと

続いて
被害を受けた仮想通貨の種類はこちら

スポンサードリンク


● ビットコイン(BTC)
● ビットコインキャッシュ(BCH)
● イーサリアム(ETH)
● ライトコイン(LTC)
● リップル(XRP)

とのあらましですが

それにしても、ビットポイントジャパンは
先月6月28日
金融庁の業務改善命令の重しから
解放されたばかりと見ていたのですが

● 2018年6月、関東財務局から業務改善命令を受ける
● 内部統制、経営管理の強化を図る
● 6月28日継続的な報告期間を終える

「タガが緩むと今回の体たらくになるのか」
と映りますよね。

何と言っても、業務改善命令に基づく
継続的な報告期間を終えたアトのできごと
ですから・・

これはアウトでしょう。

おそらく
これを契機に、金融庁はこれまで以上に
規制の網をことこまやかに整備してくるかと
厳しくなるのでは?

その予測、将来展望もあってか
ビットポイントジャパンは
「金融庁の顔に泥を塗った」
などと、様々な声を生んでいるのです。

金融庁はビットポイントジャパンに対し報告徴求命令を出すことを決めた様子。(12日現在)

一方、補償の意志はすでに明確に表しています。

先ほどのビットポイントジャパンのサイトから
目に入れられる、こちらに表れています。

『当社子会社における仮想通貨の不正流出に関するお知らせとお詫び(第一報)』

ですから、少なくとも
こうした動きは顧客を安心させるものとして
評価はできそうです。

実際になされるかどうか、見届ける必要は
ありますが・・

さらに
続いて目が向かうものを挙げれば
顧客への補償の仕方、進め方になります。

〇 仮想通貨で返すのか
〇 日本円に直してから返すのか

仮に後者であれば
いつの時点のレートで補償するのか?

そのほかでは
利益確定を意図していなかった顧客には
どう対応するのか?

たとえば
含み益の大きさによって
所得税に違いは出るでしょう。

もちろん
考えるべき内容はこれだけではない
と思いますが・・ややこしそう!

ということですが
そうした問題点解決のためにも
ビットポイントジャパンには
早く立ち直って欲しいものです。

それでは、今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。