令和元年の『天皇誕生日』はどうなる? 12月23日は上皇陛下が生誕された日だよ!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天皇誕生日・・
「今年はどうなるんだい?」
と尋ねられたことから
調べてみたら、こうだったという話。

令和元年の『天皇誕生日』はどうなる?12月23日は上皇陛下が生誕された日だよ!

これって、法律に表されているのですよね。
内閣府のサイトを見たら、丁寧に!
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html#syukujitu

そこで説明内容を一部、抜粋したものを
広げると、このとおり。

国民の祝日に関する法律が一部改正されるため、皇室典範特例法の施行の日(平成31年4月30日)の翌日より、天皇誕生日が12月23日から2月23日になります。

つまり
令和元年の12月23日はお休みにならない!
12月の祝日がなくなった!

また、今年の天皇誕生日はない!
ということ。

なぜなら、先の天皇陛下
今の上皇陛下のことですけど。

スポンサードリンク


現在、天皇陛下ではないのです。
それは致し方がないのでしょう。

というわけで
翌年、令和二年から
現在の天皇陛下の生誕日・・2月23日が
天皇誕生日となるのです。

個人的には、調べれば納得するものの
それまでは今まで同様

何がしかの休日があるのでは・・
と思ってしまうのは

先々代の天皇陛下の生誕日が
『昭和の日』と名を変え休日となっている!
それがあるためかもしれません。

やっぱり
休みは多い方が嬉しいでしょうから
・・。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。