『ビール売り子』のお姉さん!バイトなのかどうなのか?ともかく大きいサーバータンクの姿がよく目立つ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

『ビール売り子』のお姉さん!

今回は野球場でのできごと。
『ビール』を売っているお姉さんに関して、あれこれ言葉を起こしてみます。

ビール 売り子

大概、球場に出かけると最初に目に入るは選手でしょう。
当然と言えば当然でしょうけど、でもね、それ以外にも目に入って来る対象もあるのです。

それが『ビール売り子』のお姉さん!
バイト?球団の社員なのかわかりませんけど。

よく、「がんばるなあ」との印象はありますよね。
暑い球場の中で、大きなタンクを背負っている!

雑誌に載るビール売り子さんの写真を見ながら「野球を盛り上げそうでいいね」と、何気に思うのです。

項 目

1 『ビール売り子』
2 商売上手?
3 売るための技?

スポンサードリンク

『ビール売り子』

雑誌に載る写真の姿は、球場で見るものと大差はありません。

ただ、あらためて目を見張るのはこれです。
背負う!抱える!中身とその重さでしょう。
すごいよね。

10kg前後の生ビールタンクを背中に背負うとあるのです。

その構成品はゴーストバスターなみか?
それは冗談としても、構成品はこういうものとあります。

 ビールサーバー
 (タンク)
 ガスボンベ
 減圧器
 抽出機

さらに違うパターンではこういうものもあるとのこと。

ショルダーケースの缶ビールを 1-2 ケースとか、エトセトラ。

腰、痛めない?って感じですよね。

ともかくも、「すごいなあ」という姿をしているわけですが、そこまではまだ準備の段階であって、肝心要は、これでビールをお客さんに注ぐこと。

同時に「大変だなあ」との思いに至りますが、その甲斐もあってか十分目立ちますから、売り上げではよい結果を出している様子。

ビール 売り子

商売上手

ところで、『ビール売り子』のお姉さんたち。
女性だからという理由で、ビールがよく売れるということでもないようです。

そこには、お姉さんたちなりの研究・苦労があるとのこと。
何かで、話題になっていた時に耳に入れましたが、このようなものがありました。

1

なじみのお客さんを作って、そこを基点にぐるぐる回る!

2

効率的に売るための手法2つ。
● 素早いビール注ぎ
● 素早いおつり返し

聞けば、あたりまえかもしれません。
いわゆるお得意さんを回る営業ですよね。

ですけど、こういうことをお姉さんたちがしっかり実践している!
これはすごいかも。

ビール 売り子

売るための技?

何か精神論?
朝の会社の「ガンバロー」的な話ですけど。
お姉さんたちの信条であり、心情的なものがこちらのようですね。

〇 売れても売れなくても心の中に持ち込まない
〇 お客と一緒に応援して一体感の醸成
〇 お客さんと言葉を交わす
〇 柔らかい雰囲気を持つ

見てたら、これと同じですよね。

スーパーマーケットで店員さんがお客さんに近づいた時「いらっしゃいませ」と声をかけてくる理屈と同じ?
気配り上手は商売上手ということでしょう。
売り上げを伸ばす極意?

ちなみにテレビで見る『おのののか』さんも『ビール売り子』をしていたそうです。
「そうなんだあ」とそのまま受け流しそうですが、こうしてテレビで取り上げられるに至るまでには、何かと努力があったこと。
それは想像に難くないのでしょう。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 松江 フォーゲル
  2. アリゲーターガー 歯
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。