独創性? なんとも不思議な『BBA』・・何の意味かと尋ねたら? 若い女性達が笑っていた!

この記事は2分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
言葉について。

言葉は生き物というか時代とともに変遷する!
若者言葉から・・それを感じるのです。
それで、今回はそういうものに触れます。

項 目

1 若者言葉
2 ネットで見ると
3 特にTwitterでは
4 使用制限?

若者言葉

昨夜の電車の中で、高校生らしい一団から
BBA』がどうのこうのという会話が
密集状態を通じて聞こえてきたのです。

最初、BBQの親戚みたいなものか?
と思っていたのですが、電車を降りてから
知り合いの女性陣に尋ねると彼女達は大笑い!

ひととおり笑い終えると、開口一番。
「よかったですね。尋ねる相手が私達で」
なおさら、こっちはチンプンカンプン?

ようやく、教えてもらった答えがこれ。

ばばあ・・「エッ」!

いやあー、強烈です・・これは。
確かに、彼女達の言うとおり。
「尋ねる相手が私達で」は納得でしょう。

それにしても、返す言葉に困りました。

実際、彼女達の正確な年齢はわからないけど
20代と思うので、その表現はまず間違いなし!

これ、ちょっと年かさのある女性に尋ねたら
間違いなく問題発生だったかもしれないです。

若干大げさながらも、胸を撫で下ろすこと。
しきりなのです。

ネットで見ると

あとで、ネット内を見ると結構出ています。

BBA
ビービーエーと呼ぶとありますけど。
ビバエと呼ぶこともあるとか。

中には、スゴイ表現もあります。

「ボインボイン姉貴」
何これ。びっくりした!

ホント、知らなかったですね。
言葉って生き物だ!って感じます。

この『BBA』の使用に当たってはですね。
10代の若者の頻度が高いそうです。

僕ぐらいの年齢の男性側から見ればですね。
大概の女性は皆、若く見えますからね。
そうした言葉を使いたい情緒の状態にはなり
ません。

とはいえですね。
人の目、見方というものは千差万別ですから。
もしかすると、もう少し若い時は同じような
視点を持っていたのかもしれません。
が、忘れている?

でも、このような隠語は使用したことがない
ので、これも時代の流れでしょう。

特にTwitterでは

アトでTwitterを見たら、いっぱいあります。
ちょっと興味を覚えたもの。
いくつか重なる趣旨のものを並べてみます。

1

 
若い女性の優越感にカチッでしょうか?

自分の事BBAって言ってる子に年齢聞いたら。
22歳の小娘。
20歳ぐらいで自分の事BBAと言う子いるけど。
何なのかしら?
アラサーに喧嘩売るの?

2

 
これ!結構、実学的です。
人柄に関心を持ちます。

細かいことにウルセェBBAだな、老害だな。
と思われることと思いますが。
どの世界でも挨拶は基本です。

使用制限?

何はともあれ、流行の若者言葉かな?
と思いながらもですね。

母親はじめ職場の先輩女性を対象にしない!
使わないこと。
これが、優しい人かもしれません。
そのような気もします。

ということで、電車の中で耳にした『BBA』を
徒然ながらもちょっと考えてみたのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大仏 チョコ
  2. 脳 扁桃体
  3. ガブリエル 聖櫃
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。