クリスマスイブの夜! NASAも安全と語る小惑星【2003SD220】は地球のそばを駆け抜ける!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

巷で語られる小惑星

2003SD220

地球にぶつからない!

安心してください!

クリスマスイブに
地球の側を通りすぎる小惑星
【2003SD220】は地球と月の間

地球と月の距離
384,400km

その距離の28.6倍である
110,000,000km 離れたところを
安全に通過するとNASAが明らかに・・。

地球と【2003SD220】の最接近距離
11,000,000/384,400=約28.6

Asteroid 2003 SD220
will safely fly past Earth
on Dec. 24 at a distance
of 6.8 million miles
(11 million kilometers).

※ NASAのTwitter等から

News | December 23, 2015
Radar Images
of a Christmas-Eve Asteroid:
An Early Gift for Astronomers

このNASAの記事は
丁寧に言葉が並べてあるので
斜め読みでもいいので
目を通したら面白いです。

NASAは細かいというか緻密ですね。
ひとつひとつ追いかけて検証?

まあ
科学者の集団のように見える
組織ですから、当然でしょうか・・。

ともかくも
「安心してください」
「通り過ぎますよ」
というところでしょう。

そして
このつぶやきも丁寧で面白いです。

このような情報は
宇宙の事物を追いかけると
大概は海外のつぶやきから
きっかけを持つことができます。

そして
そのきっかけが
米国の素晴らしい宇宙機関である
MASAまで運んでくれるのです。

ついつい好奇心を
思いいっぱいに膨らまして
追いかけることになります。

冗長かつ意味不明に陥りましたが
今夜サンタがやってくる!
というよりは

小惑星【2003SD220】がやってくる!
・・感じでしょうか。

ともかくも
クリスマスイブの夜は気にせず
サンタも訪れてくれそうです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 北朝鮮 処刑
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。