パックンは語る・・日本はホロコースト、旭日旗は持ち込むな! 反日芸人になったの?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


なぜ、こんなことを語る?
いつから反日的な姿勢を持つようになったの?
と思う芸人さんの発言から。

今回はこちら

パックンは語る・・日本はホロコースト、旭日旗は持ち込むな!反日芸人になったの?

・・です。

パックンが語っていました。
パックンってご存知と思いますが
Patrick Harlan さん

こっちで
the entertainer Packun
はじめは芸人さんで有名だった方ね。

最近は情報番組や経済関連の番組でも
目に飛び込んできますよ。

別に悪い印象を持つ方でもないんだけど

しかし、ですよ。
これはやっぱまずいでしょう。

日本はホロコーストをやったドイツと同等。したがって相手が嫌がっている旭日旗の持ち込みを禁止すべきだ。そう我慢するのが日本人のおもてなしの心でしょう。

先週だったかな、言っちゃいましたね。
20日のTBSのBS番組でのこと。
(TBSだからかって、見方もありますが)

確か、タイトルはこれ
「旭日旗の持ち込み問題・東京五輪で〇〇」
〇〇の部分は「どうなる」「どうなるか」だった
と思いますが
ともあれ、番組趣旨はわかりますよね。

僕はあとから承知した部類だけど
真っ先に頭に浮かんだことは
「ウルサイ」
でした。

特にこの部分
「日本はホロコーストをやったドイツと同等」
「嫌がる旭日旗を持ち込むべきではない」

ホントにパックンって高学歴の持ち主なの?
(ハーバード大卒なんだよね)
と思いたくなるほど。

もっとも高学歴だから、こうなのかもしれんけど。

しかし、どんな出自を持とうが
これって、よくないでしょう。

語るなら、もっと日本の歴史を勉強して
日本の習慣・文化も合わせて学んでから
発言して欲しいものです

とにかく
日本の何を取り上げてホロコーストと
同じになるのか?

スポンサードリンク


わかりませんよね。

真に日本を愛するというか
少なくとも先祖代々日本人と思う人たちは
「何言っているんだよ、パックン」
って話になると思うよ。

要するに、心外だ!
ということ。
 
それに、これ
「そう我慢するのが日本人のおもてなしの心」

何かふざけた表現だよね。
僕ら日本人に対して
「隷属下に置かれた状態で生きていけ!」
ということなんでしょうか。

理不尽な要求をする外国に対して
我慢して生きていくなんて
まっぴら御免!

米国政府、トランプ政権は
そんな生き方を自国民に勧めていますか
そんなことはないでしょう。

基本、そんな国、存在しないでしょう。 

それに我慢が先立つ、おもてなし
というものも変ではないでしょうか。

受ける側も嬉しくないと思いますよ。

ただし、これは日本人的発想なので、もしかすると外国人は嬉しいのかもしれんけど。

続いて
「旭日旗の持ち込みを禁止すべき」
・・だけど。

旭日旗は祝い事で使用されるもの。
ハーケンクロイツと重ねて
いろいろと想像することは勝手かも
しれんけど。 

「旭日旗を持ち込むな!」

と、声を発して批判することは
やめて欲しいよね。

そして

反日的な姿勢を持ち
日本人を侮辱的、侮蔑的に扱いたいなら
無理して日本にいることもないと思うのですが
いかがでしょう。

少々、辛辣に表しましたが、個人的には
このとおりなのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 週刊文春 潜入報告
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。