天皇陛下在位30年記念式典を見て思う!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

天皇陛下、おめでとうございます。

ラビカリです。

冒頭の文言でお察しかと思いますが
今回は天皇陛下在位30年記念式典に関して
僭越ながら少々触れてみます。

早速、こちらから
「歌声の響」

沖縄県にあるハンセン病の療養所において人々との交わりを持った際のお心を、天皇陛下が歌(作詞の琉歌)として表され、皇后陛下が作曲されたとされるもの。

三浦大知さんの独唱も素晴らしかったのですが
やはり主役は天皇陛下と皇后陛下のお二人。

歌詞とメロディーは優しい印象が膨らみます。
余韻が残ります。

ピアノ:千住明さん
バイオリン:千住真理子さん

そして
やはり陛下のお言葉が一番の部分でしょう。

天皇陛下在位30年記念式典の核心ですよね。
特に、この部分、このようにあった部分。

憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」

多少、文言が違うかもしれませんが
趣旨、内容は違わないと思っています。

これから察するものは、個人的にはこのとおり。

これからの時代の象徴天皇制度は
『象徴とは何か』を問い続けるべきであり
それを考えることの継続を願われた!
と、僕は捉えております。

また、国民に向けて感謝の念を伝えたかった
と思うのです。

ともかくも、ここに至り
天皇陛下のお言葉もあと一回となります。

4月30日「退位の礼」の際のお言葉のみ。

最後に
今回は、両陛下のお姿と天皇陛下のお言葉を
耳に入れて、柄にもなく
涙が出そうな気持になりました。

涙は実際、出ていませんが
それぐらいの感化力、影響力をお持ちの方
と思うとともに
あらためて畏怖の念に堪えない!
そんな境地です。

思わず、ありがとうございました。
・・です。

それでは、ここまでとなります。
いつも以上に個人的な信条の吐露に
お付きあいいただきありがとうございました。

失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 大仏 チョコ
  3. アリゲーターガー 歯
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。