米国企業に向けたトランプ大統領の中国からの事業撤退要求はどうなる?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

米国企業に向けたトランプ大統領の中国からの事業撤退要求はどうなる?

・・です。

目 次
1 トランプ大統領のツイッター発言
2 中国から撤退せよ・・
3 どうなる?

トランプ大統領のツイッター発言

トランプ大統領は、23日、中国を意識した
ツイッター投稿を複数上げています。

そのうちの一つに、中国のために
米国はとても甚大な損害を被った
としたものがあるのです。

内容は濃いですね。
しかも
一つの投稿140文字以内で収まらないためか
複数の投稿から成り立っています。

それではツイッター本文はアトにして
注目点を最初に挙げてみましょう。

1 中国に知的財産を奪われてはイカン

2 米国は中国を必要としない

3 中国なしの方がよいのだ

4 米国企業は米国に戻って活動すべき

5 中国の米国製品への関税賦課処置には対抗するぞ

トランプ大統領・・
かなり中国に向けて怒りが溢れている
と言えそうです。

スポンサードリンク


これまでの貿易協議、首脳会議の合意結果が
反映されていないことに憤慨しているのかも
しれませんね。

なお、フェンタニルは疼痛薬、麻酔薬ですよ。
それが麻薬として加工され、米国民の死亡者が
後を絶たないことに怒りを持つのでしょう。

もちろん、トランプ大統領が・・ですよ。

しかも
それが中国から入ってくるとしたら
「フザケンナ、中国」
となっても致し方がないのかもしれません。

中国から撤退せよ・・

そもそも、話のはじまりはこちらでしょう。
中国による米国製品への報復関税です。

中国は米国が9月1日から賦課予定の対中制裁関税第4弾への対抗・・との言い分はあるのかもしれません。(が、米国には通じないでしょう。)

でも、せずにはいられなかった!
ということかと。

やられたら、やり返す!
という姿勢かもしれません。

それで米国製品に対し750億ドル相当へ
5-10%の追加関税を賦課へ。

一方
トランプ大統領はこのように捉えるのでは
ないでしょうか

「コンニャロー」
「やりやがったな、中国め」
・・とね。

どうなる?

まずはじめに、今の状況の発端は
中国の米国市場への依存度が高まりすぎた!
これにあるのでしょう!

とはいえ
中国の改善努力が際立てばよかったのですが
乏しく見えることが、トランプ大統領の怒りを
呼んだのではないでしょうか。

そのため
米国の新たな対中施策を生んでいる様子。

ともあれ
米中貿易の先行き不透明感、閉塞感が
強まることで、米国の株式市場は価格下落
となっているのです。(23日)

そして
それが波及して世界景気の後退感が強まる
と予測されるわけで、貿易立国は悔しい想い
でいるのかもしれません。

加えて
原油市況は景気悪化の予測から
需要減少の見なしが進み
原油価格がさらに下落することも考えられる
でしょう。

ということで
今回はトランプ大統領のツイッター発言から
経済面を考えてみました。

ここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。