トランプ大統領訪日は5月26日・・目玉は天皇陛下御即位後の会見?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はトランプ大統領が日本を訪問する!
そんな話を耳に入れて、突貫小僧のように思うこと

『トランプ大統領訪日は5月26日・・目玉は天皇陛下御即位後の会見?』

・・です。

と、大上段に振りかざした感がありますが
決して居丈高に何かを語ろうというものでも
ありません。

仮にこの当該日に訪日が行われるとした場合

何か、日本と米国のかかわりを強調する

あるいは
両国間のみならず、世界にアピールするものを
頭に浮かべてみたら・・

「こうかな」
と、思うもの・・ですが

まずは
5月26日の前にこちらがあります。

今の皇太子殿下が新たな天皇陛下として
ご即位されるのです。

5月1日のできごととなる予定。

10連休 5月1日

となれば、さっと頭の中を染め上げるものに
これがあるのです。

新たな天皇陛下の御代
・・での『日米首脳会談』になるのではないか
ということ。

続いて、この訪日の機会に
トランプ大統領は新たな天皇陛下と接する
時間を持つことになると思うのです。

会見!

(もちろん、日本側が準備してのこと。)

そうなれば・・ですよ。
世界に向けての新たな天皇陛下のご即位
お披露目の機会にもなるでしょう。

タイミングが命と言いましょうか。
安倍首相はとてもよい時期を選び
トランプ大統領を迎える約束を交わした!
と、何気に思うのです。

そして
この点でとても外交巧者にも映ります。

なぜなら、今年6月において
G20が大阪で予定されています。

その時、トランプ大統領の訪日があることは
想像に難くないのです。

主要国首脳会議ですからね。

要はそれに先立って
『日米首脳会談』の機会を最上の時期で
つかんでいる!
と思われること。

それは、安倍首相による
『日米関係の絆を強調したい』意識と意欲の
強さにも映ります。

(この部分は個人感によるでしょうけど。)

そもそも、この話題が生起する契機は
27日、28日の『米朝首脳会談』に向けた
電話会談。(20日)

その際、北朝鮮の核・ミサイル開発
及び日本人の拉致問題に触れた
とのこと。

そのため、安倍首相とトランプ大統領は
北朝鮮対応の方向性と実行の要領を
『米朝首脳会談』後において

可能な限り、早期に相互の考えを調整したい
との思いがあるのでしょう。

結果・・
5月下旬の訪日が立ち上がった!
ということかもしれません。

と、いくつか思いは浮かびますが
残念ながら、凡人には本当のことはわかりません。

ともあれ
4月のご退位、5月のご即位
それに伴う長期連休をはさんでの両国の動きは
これからも興味深く映るのではないでしょうか。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

※ 連休の流れはこちらでも

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岸田外務大臣 慰安婦
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。