トランプ大統領、5年かけたTPP離脱へ 永遠に大統領令で署名! 次は貿易不均衡是正・・日本もやり玉・・NAFTAの再交渉から?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。

今回はトランプ大統領のTPP離脱で徒然に
思うのです。

とうとうやってしまいましたね。

トランプ大統領のこと。

トランプ大統領も愚かではないでしょうから
考えに考えた末での出来事とは捉えますが
ずいぶん思い切ったようです。

米国はじめ12カ国が5年間かけてきたものを
あっさり「離脱」を永遠に、永久のものへ!
と大統領令に署名してしまったのですから。

23日の出来事です。

TPP:環太平洋経済連携協定

まあ、あれですね。
関係諸国のすったもんだのあげくの努力が
水の泡へ。

消えてなくなったということでしょう。

これに関しては環太平洋諸国の経済活性化
狙いも大きかったようですが、同時に中国に
よって、特に西太平洋諸国に対する中国の
蚕食を防ぐ
目的もあったと言われています。

ですので、経済のみならず同範囲の安全保障。
その関連での重要な意味もあったのでしょう。

が、結局はすべてがなくなりました。

ただ、トランプ大統領は米国の大統領です。

選んだ人たちが米国民であるならば
米国民の願う形での政策・施策の追求は
仕方がないことでしょう。

米国民はTPPが不要であると考えていた!
という証にすぎない。
・・と思えますから。

仮にそれが必要と考える人がいたとしても
米国の今までの支配階層(?)上流的階層が
望むだけであったのかもしれません。

すべての米国人が皆
富裕層ではないでしょう。

大統領令に署名した後のトランプ大統領の
発言がそれを伺わせます。

 米国の労働者に
 素晴らしいこと

・・であると。

米国の労働者はきっとこれを吉報として喜び
称賛しているかもしれないのです。

一方、日本では同じ23日に安倍首相がTPPの
離脱を思い留まることを促したような発言が
ありました。

が、結局それは適わなかった?!

とにかく、大統領就任後のトランプ大統領の
動きを見る限り、選挙中の言葉はまさに本気
であり、これからもそのとおりに進みことに
あたっていくものと考えられます。

すると、よく言われるトランプ大統領は
有言実行の人物?

そのように見てよいのでしょう。

元来ビジネスの世界で長く生きてきた人物な
だけに、真っ正直な面の方が強いのかもしれ
ません。

いわゆる2枚舌的な部分は少なく、約束した
ことは成し遂げる。

あるいは成し遂げるように努める。

そのように見えてきます。

もちろん、相手にも求めてくるでしょう。

特に、貿易不均衡は中国の名称が出つつも
日本もしっかり自動車に関してその対象に
挙がりつつある様子。

なかなか、これから難しい時代に入ること。
これは容易に想像できます。

「不公平」などとの発言もあるようですから
日本流の「まあまあ」などという感じでは
トランプ大統領は納得しないでしょう。

今後は取引として、日本側に応分の買い物を
求めるようなことが起こるかもしれない!?

ただ、この「不公平」を見ると報道の中では
米国製の車は日本側の環境基準に合致しない
というところもある!
とあり、単純に買いたくないから買わない
というわけでもないようです。

そして、もしこの部分で日本政府が折れ
環境基準を米国製の車に合わせ設定し直す
としたら国民の健康をないがしろにした!

として日本国民の反発を招くもありうる
でしょう。

日本政府もそういうことはしない!
と思いますけど。

とにかく、日本と日本国民は政府を通じて
厄介な問題に直面しそうです。

これは間違いなさそうです。

心してかかれということでしょうか。

また、そうした事態の解決を図るためか。
詳細は不明ですけど。

2月には安倍首相は米国へ向かうとあります。

その時の首脳会談で今後数年間の日米関係も
見えてくるのかもしれません。

という感じで、日米関係に関してつまみ食い
ながらもこのように捉えています。


そこで、日本が関わる避けて通れないとした
今後の米国の動きを推し量るとすれば
これがあるかもしれません。

一番近いところでの貿易不均衡と言えばこれ。

NAFTA
北米貿易自由協定
(North American Free Trade Agreement)

ですから、今後はこのNAFTAの再交渉如何で
日本と米国の貿易関係の先行きも占えるかも
しれません。

それにしても、トランプ大統領を始めとした
米国新政権はかなり強い調子で諸外国に向き
合う?!

それは確かなように見えます。

今回も徒然ながら思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 韓国 通貨交換
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。