韓国、反日で突っ走る暴走の果ては、何を描くのか、そして日本の対抗措置は?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は「ちょっと、どうなる国際問題?」
なんて感じで、日本と韓国に関して
話を持って見たいと思います。

ズバリ、これです。

韓国、反日で突っ走る暴走の果ては、何を描くのか、そして日本の対抗措置は?

早速です。
いったい、韓国はどこまで日本を叩き
貶めれば気が済むのでしょう。

そして、先の絵姿はどのようなもの?
何を描きたいのでしょう。

一説によれば、日本の国土を割譲させたいとか?
・・・
そんな話もあるようですが、まずは論外かと。

とにかく
僕は日本人ですから・・ね。

いかに韓国政府とその国の人々が
自らを有利にさまざまな主張、要求を行っても
ですよ。

条約などの決まりごと、約束ごとを超えた話は
勘弁というか、受け入れ難しというのが
偽らざる思い。

特に、最近では
韓国が日本に要求する幾多の話の中で
天皇陛下に向けたものにこれがあります。

「慰安婦に謝れば、ものごとの解決が進む」
とした韓国の政治家の趣旨発言は
とても受け入れられないですね。

韓国国会議長「慰安婦問題の解決には天皇陛下の謝罪が必要」

こんなこと・・
日本は決して許してはいけないでしょう。

そもそも、日韓基本条約はじめ
これまで韓国の大統領が交代するたびに
お詫びを行ってきたわけであり
それに伴う支出もあったとされるのです。

しかも
直近のものでは2015年12月28日において
日韓外相会談の合意事項があり
慰安婦の話は不可逆的に終了とまで
なったではないですか。

それを足蹴にして、天皇陛下に謝罪を求める!
なんてことは日本人として容認できるものでは
ないと思うのです。

続いて
さらには、韓国の行いに関して
今やこんな事態も生起しています。

これはすでに昨年の秋半ばから
大きく話題になっていたものですが
朝鮮半島出身労働者(いわゆる『元徴用工』)の
訴訟に対し、韓国の大法院は彼らの言い分を
認める判決を下しているのです。

対象とされた『新日鉄住金』に「賠償しろ!」というもの。

そこで、日本政府は文在寅政権に対し
「それはおかしいだろう」
との趣旨で、日韓基本条約に付随する
『日韓請求権・経済協力協定』に基づき
韓国政府に政府間協議を求めることに・・

ところが、結局
文在寅政権は回答期限である30日以内に
それに向けた意志を示さず!

・・なんです。
※ 期限:2月8日

ということで
今回は近々の話題を二つ取り上げまして
話を持つわけですが
どう見ても、韓国側の一方的な押し付け
傲慢な姿勢にしか映らないでしょう。

なぜなら、韓国は
韓国の言ったとおりにならないと気が済まない!
そのように見えますからね。

日本は黙って、韓国の言うとおりにしていれば
「よい」
としか映らないのです。

そのためか、さすがに日本政府
今回は韓国の高圧的な姿勢に辟易としたのか
しっかりした対応を持つ
いや、まだ案としての段階かもしれませんが
大きくこれらの対応が考慮されている様子。

いわゆる対抗措置です。

● 韓国人の入国査証の厳格化
● 日本からの部品・原材料輸出の停止
● 韓国からの輸入品ヘの関税引き上げ
● 貿易保険の適用から韓国を外す

これですべてか、ほかにもあるのか
そのあたりは何とも言えませんが
過去表われたものを並べるとこんな感じ。

もっとも、これらは朝鮮半島出身労働者
(いわゆる『元徴用工』)の訴訟関連で
日本企業に真に害が及ぶとなれば
・・でしょうけど。

ともあれ
今後、韓国が改める動きがないのであれば
日本政府はしっかり毅然とした対応を
これに限らず求めたい!

そのように望むばかり。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

少々、ヒートアップした感がありますが、韓国ももう少し、思い込みだけではなく、客観的な事実に基づいて話をして欲しいものです。

(オワリです)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。