トランプ大統領のツイッターのロケットマンは『あのロケット野郎』ぐらいの意味? 剃刀で遊ぶ金正恩を連想?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク




こんにちは。今回はこちら。
トランプ大統領って、とても興味深いと思うこと。

ツイッター見てたら、面白いものがあります。
というか、目をひくものです。

内容はですね。
どうも16日に韓国の文在寅大統領と電話会談をした
感想というか、余韻を引きずったようなものに見え
ますけど。

ちょっと訳して見ると・・。

「昨日の夜さ。」
「文大統領と話をしたよ。」

「『その時にロケットマンは何やっているの?』
と尋ねてみたのさ。」

「そしたら、長いガス管の敷設に力を入れているっ
てさ。」

『ここは、北朝鮮人民がガソリンを求める列を指し
ている
かも。
その方が文章は通りやすいようです。
(追記修正 9月18日)』

「とんでもないぜ!」

スポンサードリンク


こんな感じでしょう。

そして、特に、ここですよね。
Asked him how Rocket Man is doing.

このロケットマンって、カタカナで書くと。
特に違和感を感じないかもしれませんが。

この文脈から考えると、『あのロケット野郎!』
とした意味合いが強いと思うのです。

つまり、トランプ大統領は相当イラつき、北朝鮮を
「許さないぞ」「手痛い目に合わせてやる」
そんな感覚を受け止めるのです。

どうでしょうか。

ともあれ、北朝鮮が「ゴメンナサイ」するまでは。
(しないでしょうけど。)
今の緊張状態は続くのでしょう。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。