河野太郎外相、韓国の駐日大使を呼び出し、その姿勢を「無礼」と断じる!

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は目に入った報道、ユーチューブ動画から
思うことを念写一発広げます。

とにかく、韓国の姿勢にはがっかり・・

河野太郎外相、韓国の駐日大使を呼び出し、その姿勢を「無礼」と断じる!

韓国政府が元徴用工として見なす者たちが
起こした訴訟などの問題に関して

基本、韓国が日韓請求権協定に基づく
仲裁委員会設置に応じなかった件
・・なんですけどね。

韓国、まったく、一顧だにせぬ様子。

そのため、河野太郎外相は南官杓駐日大使を
呼んだのです。

ただ、どうしたものか
それは韓国の南官杓駐日大使のことですが・・

河野太郎外相から呼び出しを受けるものの
改善の姿勢を見せるどころか
その反対に河野外相に向けて
韓国の立場云々と反論して見せたのです。

それゆえか
河野外相は同大使に「極めて無礼」と発言。
※ 産経、時事、日経などから丸めています。

また、この件では産経がわかりやすく

ユーチューブ動画でしっかり表してくれました。

さすが
日本のクオリティペーパーと言える動きです。
(と、僕は思っています。)

とにかくも
韓国の姿勢がこれでは・・ね。

日本政府として、今後韓国に対し
何らかの対応を図らざるを得ない!
と思われますし

今後の経済交流・・
尋常な形ではできないでしょう。

いくら日本のマスコミ、特にテレビ報道が
韓国側に肩を持った姿勢を持ったとしても
(世間ではそのような見なしが多い様子)

実被害を受け続けるのは日本企業と思うのです。

それに、何と言っても
『日韓基本条約』、付随の『日韓請求権協定』
韓国はないがしろにしているわけで
それを覆う言葉は出てこないでしょう。

結果、韓国にとって
いささか閉塞感を感じる経済の姿を持つことは
やむなし
と思うばかり。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただきありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。