韓国はプンプンマルか、WTOで日本の輸出規制(半導体材料関連)を批判する!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回はこちらの件を見て思うこと。

韓国、WTOで日本の輸出規制を批判へ
かなり、プンプンマルの様子。

日本は韓国へ、フッ化ポリイミドなどの輸出規制へ! ただ、世間は淡々と受け止めか?

9日、ジュネーブのWTOにおいて

あらましはこのとおり
韓国 は日本の行った半導体材料への
輸出規制強化について

「自由貿易の原則から逸脱する」
とともに
「政治的目的の経済報復」
と批判しているのです。

一方、日本
半導体材料の輸出規制強化は禁輸ではなく
安全保障上の管理を適正に実施するための措置
と反論しています。

少なくとも、本件に限っては
日本政府の言い分が正しいと思うのです。

輸出した物品などが核兵器や化学兵器に転用も
可能ならば

しかも
韓国がその物品などを受け入れたものの
韓国から同国外に出すことに関して
適切な対応が取れないのであれば
致し方がないでしょう。

また
世耕経済産業相は9日、記者会見を持った際
この件で韓国への半導体材料の輸出管理
その見直しで触れています。

● 協議の対象ではない
● 撤回も考えていない
と、韓国側の問いかけ、要求に反論へ。

それもあり、韓国の文大統領が要求した
日本側の措置撤回と二国間の話し合いは
拒まれているのです。

さらに
同経済産業相はツイッターにもあるとおり
WTO違反ではないと強く否定へ。

この件・・素直に
世耕経済産業相の言うとおりでしょう。
基本、納得するばかり。

そもそもが、この件・・優遇しない
というだけであって
「売らない」「輸出しない」「相手にせず」
という話ではないのです。

ところが、韓国は、WTOで
「日本、韓国への輸出規制やめよ」
となるほど熱くなっている状態へ

残念ですよね。
「ここまできて対決姿勢か」
・・と

同時に合わせて
「韓国、素直さを持った方が解決速し」
・・と思うばかり。

日本製品不買運動よりもフッ化水素などが、朝鮮半島で毒ガスに転用可の方が深刻な問題!

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 岸田外相 慰安婦
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。