フィリピンのドゥテルテ大統領、天皇陛下の即位の礼『正殿の儀』で来日するかも・・気持ちが嬉しいよね!

この記事は1分で読めます

何でもそうだけど。
言うなら、手を上げるなら
最初が肝心だよね。
と思うこと。

今回はこちら

フィリピンのドゥテルテ大統領、天皇陛下の即位礼『正殿の儀』で来日するかも・・気持ちが嬉しいよね!

・・です。

来たる10月22日には令和の時代に入り
現在の天皇陛下の即位の礼が行われる日。

儀典は『正殿の儀』と呼ばれるもの。

すでに米国はイレーン・チャオ運輸長官が
参列するとの話もあり

天皇陛下の即位の礼正殿の儀に、米国はイレーン・チャオ運輸長官が参列へ!

ほかの国々も参列者の選定に動いている様子。

その中でフィリピンでは、ドゥテルテ大統領が
「個人的には行くべきだと思っている」
との趣旨発言をしたとのこと。

“You know Japan has… well, one of the countries that are really helping us and they are among the first ones to do so. There is a sentiment that I should be there,” the President said.
フィリピンスター(マニラにあるよ)から
https://www.philstar.com/

うれしいことを言ってくれると思うばかり。

同大統領は以前からも
親日的、皇室にも親しいものを感じている
と言われる方。

日本の比較的近傍の国の元首が
このような姿勢を持たれることに
逆にとても親しみを感じてきます。

ただ、今回は意向を示しただけとあり
実際にドゥテルテ大統領の来日となるのか
未知数ですが

それでも
「是非とも」との思いでお待ちするとともに
フィリピンからのよき風が吹くことを
今後も望むのです。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 韓国 通貨交換
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。