米朝2カ国間の不可侵宣言、平和宣言の採択があったら、より矛先は日本に向きませんか?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は素朴に不安に大丈夫ですかね。
と思うことです。

浮かぶものはこちら

米朝2カ国間の不可侵宣言、平和宣言の採択があったら、より矛先は日本に向きませんか?

です。

続いて
日本は北朝鮮からの攻撃に対応できますか。
国民を守ることができますか。
・・ってね。

先ほど見た共同通信さんの記事を見て
https://this.kiji.is/468723679864931425?c=39550187727945729

「ちょっとやばいんじゃないの」
と、つい思ってしまうのです。

趣旨はこんな感じで。

米朝首脳再会談前の実務協議で
米側が米朝2カ国間の不可侵宣言
加えて平和宣言の採択を、北朝鮮に打診した!
とあるのです。

確かに、米国はこれで安全度が高まる
かもしれません。

でも、これだと
トランプ大統領の取引DEAL・取引は
どうなのでしょう?

北朝鮮の全面核廃棄はあきらめたのでしょうか。

そして、日本はどうですか。

北朝鮮は米国から受ける脅威が低くなった分
フリーハンドを描ける部分が広がりませんか。

日本への圧迫度合いが増える気がしますが
専門家はどう見ているのでしょう。

核を持って、弾道ミサイルも持って
『米国から攻撃を受ける』
その脅威がないとなれば
メチャメチャ自由度が増すと思いますけど。

その時がとても気になります。

日本政府、野党は本当に日本、日本人のことを
考えているのでしょうか。

国会でのやり取りを見ていると
不安がより増幅された形で押し寄せてきますが
多くの方々はどのように受け止められますか。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。