韓国をホワイト国除外へ、閣議決定アリ、日本はついに朝鮮半島と一線を引ける国になったか!

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

韓国をホワイト国除外へ、閣議決定アリ、日本はついに朝鮮半島と一線を引ける国になったか!

・・です。

2日、日本は韓国を安全保障上の観点から
輸出管理上のホワイト国指定枠から
韓国の除外を閣議決定したのです。

これは先月、7月24日までに行われた
いわゆるパブコメ(パブリックコメント)を
経た国民の意識などを通じて検討された
結果でしょう。

これで日本から韓国へ輸出したい
とする企業に対し

輸出内容において、韓国から第三国へ
不用意に流れ、安全保障上、特に危惧する
核兵器、化学兵器、生物兵器の研究開発・
製造へ結びつくと考えられる場合

輸出したい企業、輸入したい国の要望に関係なく
然るべき調査を経て制限の可否を講じる!
本来の姿に戻ることになります。

ところが、韓国は
調査と制限を外していた優遇措置を
既得権益とばかりに、それがなくなるのは
「ケシカラン」
とばかりに、猛烈に反発し
日本が悪いと内外での動きを持つのです。

しかし
日本政府は閣議決定をしました。

政令は7日に公布され、28日に施行となり
それ以降は完全に韓国はホワイト国扱いされない
ことになるのです。

この一事から、ようやく日本も、韓国が問題点を
持つなら、その問題点を解決できるように
独自の施策ができることを表したと言えましょう。

早い話
日本が韓国へ輸出したものによっては

韓国が掟を破り
日本を含む世界の国々にとって
安全保障面で揺らぎをもたらしかねない国へ
横流しをしているかもしれない疑念へ

根本的な解決を図った!
というだけのこと。

さらに言えば
これまで看過されていたかもしれない状態を
クリーンにしただけのこと。

何ら問題はないでしょう。

ただ、韓国はこの件に関して
「日本がやるなら、韓国も目にもの食らわす」
との趣旨で重ねて、あちらの政治家などが
言葉を持つ様子。

今後、韓国がどのような行動を示すのか
注視でしょう。
(まさか・・
テロ行為に走ることはないでしょうけど。)

ともあれ
日本が韓国との間に一つの線を引いた!
あるいは
線を引ける国家になった!

それを日本国民へ
世界へ知らしめることができた
とは言えるでしょう。

なお
国内において気になる事項は
共産党が今回の件に反対し、韓国側の立場で
意見を多々述べていること。

「閣議決定の見送りをせよ」
とかありました。

この政党は本当に日本の政党なのか?
不思議です。

ちなみに、あの立憲民主党でさえ
今回の日本政府の姿勢に向けて
「一定の理解はしている」と映る姿勢を
持ったとあるのです。

福山哲郎幹事長は・・日本政府は安全保障上の懸念があったため取った措置と説明した。(韓国議員団との懇談において)
※ 聯合ニュース(1日)

※ それでも当初は「わからない」と言っていた。 

ということですが・・
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。