原油価格、上昇か! イランが米軍の無人偵察機を撃墜したら・・

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回は遠くインド洋の西、中東のペルシア湾
(場所は、たぶん・・)
で、起きたこと。

イラン、米無人偵察機撃墜とあるのです。

「イラン、やっちゃいましたね」
少なくとも、米国、トランプ大統領には
挑戦的に映ったことは間違いないでしょう。

それを表すかのように、同大統領、このように
リアクションを持っています。

「イランは大きな過ちを犯してしまったよ」

と、プンプンの様子。

ということですが、もう一度おさらいします。
20日、イランが米国の無人偵察機を撃墜!
(革命防衛隊によるものか・・と)

双方の主張は真っ向からぶつかっていますし

● イラン:領空侵犯
● 米国:国際空域の飛行(ホルムズ海峡周辺)


ただ、救いと言いましょうか
トランプ大統領はツイッターの投稿以外にも
「我々は我慢はしない」とか、言いつつも

「意図的な撃墜とは信じがたい」
と発言しているので
すぐに米軍が対応することはない様子。

でも、緊張関係はさらに強まると見ても
おかしくないでしょう。

何100ドルもする航空機を撃墜されたわけですし
米国のメンツも潰されたのですから。

ともかくも
これで原油の先物価格が跳ねるのも察する次第。

これから、ペルシア湾経由の原油輸送に
難が生じるかもしれないわけで、供給が先細り
と商品市場が受け止めても不思議ではないのです。

ちなみに撃墜された航空機はグローバルホーク
ではなくて、MQ-4Cトライトンとのこと。

「へーそうなんだ、知らなかった」ですが
専門家のお話を拝聴するばかりです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。