韓国、日本批判のためにWTOで動いたが相手にされなかった様子・・

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ラビカリです。

今回は日本の経産省が正面玄関になっている
輸出管理の運用見直しについて

韓国がWTOに持ち込んだものの、世界各国から
相手にされなかった件。

やはり
これはどの国もおかしいと思ったのでしょう。

優遇してもらえないから、日本が悪い!
と主張していると見えたのではないでしょうか

つまり
世界の国々は韓国の主張に納得しなかった
・・と。

そもそも
これは安全保障に関連して
将来禍根を残すかもしれない・・怪しい国へ
関連製品、材料を流すことを予防する!
日本側の行動なのです。

韓国がいかに声を張り上げても
それを耳に入れる世界各国は疑念の思いしか
持たないのではないでしょうか。

・・と。

早い話、日本に向けて
措置撤回を求めたいとする韓国が
なりふり構わずWTOを利用した行動は
カラブリということ。

何やってんですかね。
韓国・・
素直に謝った方がいいんじゃないですかね。

「日本が疑念を抱くことはしませんから、これまでどおりお願いできませんか」

と言えば、終ると思うのですが
ともあれ、愚かに映ります。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。