反日へ全力疾走かな? チョグク氏、韓国の法相へ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

反日のエース、日本叩きへ全力疾走なるか? チョグク氏、韓国の法相へ!

・・です。

何でもありですかね。
チョグク氏、韓国の法相へ!

財産の相続、娘の不正入学、奨学金の不正受給
エトセトラと疑惑を抱えても

韓国の反日の星と伝わるチョグク(曹国)氏は
韓国の法相として任命されたとのこと。

日本でも、二重国籍、ガソリンプリカ、外国人献金など数々の疑惑の話題はありますが、国会議員としていまだ職を辞することなく、しっかりした説明をすることなく存在する方はいるので、韓国の政治家をとやかく言える筋合いはないと思ってはいます。ですが、反日としてよく上がる方なので、今回は少々クローズアップ。

こうした事態での法相就任となると
何か、文在寅大統領とともに
火だるま状態に映るチョグク氏

文在寅大統領のためにも
次の選択肢として残るものは
もはや道理の通ることではないでしょう。

いや、その前に、これもよぎります。

もしかすると、文在寅大統領はチョグク氏を切ると
今までのヤバイ秘密をばらされるかもしれない?
そんな思いもあったのかもしれませんよ。

本当のことはわからないとしても
想像に難くないかと・・。

スポンサードリンク


ともあれ
不正の声をかき消すだけの保身パワーを発揮して
反日、日本叩きに狂奔するしか
自らへ向けられた韓国民の批判の声を
かわすことはできないだろう
と思うばかり。

同時に彼の反日姿勢は
きっと
日本人の韓国離れの心を決定的にする作用も
あるでしょうから

日本の韓国との国交を断ちたい!
と考える人たちを増やす効果もあり
ということで、ますます両国は離れるかと

そうなると対馬と釜山の間が国境
それも共産圏との境になると見込まれ
日本政府も国防の強化とともに
不法入国者への対応が急務となるのでは?
と思うのです。

それゆえ、今まで以上に
これからの韓国対応の動きはあわただしく
忙しくなるかも知れませんよ。
(そうあるべきと思いますけど。)

在韓進出の会社企業の撤退にはじまり
在韓資産の整理、在韓邦人の日本への帰国など
時間に追われること多し!
となるかと

そのような状況が目に浮かびますが
外務省(日本の外務省のことね。)
どうでしょう。

日本を守るために動いてくれるのでしょうか。
と、チョグク氏の法相任命から
ハタと頭に浮かぶのです。

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

追記 『たまねぎ男』

チョグク氏は『たまねぎ男』と揶揄されますが
それはたまねぎの皮をむくように新たな疑惑が
飛び出してくるからのようです。

(追記 オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。