韓国は敵だった?東京爆撃のため、米国へ空中給油機を売ってチョーダイだったらしい!

この記事は3分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

韓国は敵だった?東京爆撃のため、米国へ空中給油機を売ってチョーダイだったらしい!

・・です。

この記事見て、驚いたのなんのって
という話。

「仮想敵は日本」韓国GSOMIA破棄の裏に軍備増強の歴史あり!田岡俊次が解説〈AERA〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190902-00000053-sasahi-kr&p=1

「ホント、オイオイ、マジですか」
という感じなんですけどね。

この記事の中で、とてもセンシティブな内容が
登場しています。

詳細は記事をご覧になっていただくとして
丸めるとこういうもの。

韓国「空中給油機売ってくれんかね」
米国防省「何に使うの?北に向けてはいらんしょ」
韓国空軍「いや、東京爆撃に使うんよ」
米国防省「じゃあ、ダメ、売れない」

そこで・・
びっくり仰天の米国防省は日本へご注進
「韓国がいらんこと考えてるぞ」
「気を付けろ」
って感じかな。

とんでもない国に映りますよ。
韓国は・・。

最近、これまで以上に韓国に関心を持って
あちらこちらから資料を集め眺めているせいか

かつて思ったことがないほど
韓国は怪しい、危険
と思い込む僕自身なんですが

ですからね。
それに対して
「ブレーキをかけるべきかな」
と思っていた時に出会ってしまった!

この記事・・なんですけどね。

ある意味、韓国に警戒心をより強く持つ
結果となってしまったわけ。

そのためか
逆にメラメラと炎が立つような勢いで
今、これを表しているところ。

と、僕の心情を吐露したアト

あらためて、韓国は怖い、危険な国と思う次第。
少なくとも、東京を爆撃対象にしています。
これは言えそうなわけで

話は少々それつつ・・

東京都民はこれに抗することができる!
知事を選ばない!
と、まずいかもしれませんね。

日本政府としっかり協調できる人物を・・
(自己保身の方はダメです。)

ユリコファースト党がいいのか
自民党がいいのか
既存の野党がいいのか
それはわかりませんが

とにかく
今回取り上げた一般紙の記事に
『韓国が東京爆撃』を理由に
空中給油機を欲しい!
と表れているのですから

笑って済ませることではないと思うのです。

(ちょっと話を広げすぎたかな・・。)

そして
日本政府も国民に対し何か見解を示すべき
でしょう。

「これは違う、間違い」と考えるなら、ですよ。

米国防省が日本に伝えた云々のところを
明らかにして欲しいものです。

でも
しないのであれば
暗に肯定した!と映りますから

多くの場合
肯定も否定もせず頬かむりしている時は
「たぶん、あたっているんだよ」
との声の方が強いでしょう。

事実と見なしたくなります。

要は
記事の信ぴょう性は高いと判断するわけですが
・・。

ほかに韓国軍の東京爆撃ならぬ
日本侵攻を考えた場合

そもそも韓国は日本と違い徴兵制を持ち
国民皆兵を基礎と成す国であることを忘れては
いけませんよね。

言いたいことは、これ。

この国の成人男子は基本、銃器が扱える!
ということ。

ただし
『女軍』(女性軍)は1万人を超える規模。
それほど大きくはありません。

ですが
銃器を扱える女性も少なからずいる!
このことは言えるでしょう。

もちろん、日本だって自衛隊があり
「女性もいるじゃないか」
「ほぼ同数だろう」
との声もあるでしょうけど、ね。

しかし
総数、総兵力はダンチの差です。
絶対数が違うのです。

韓国軍は2015年時で

陸軍

常備師団 22個、予備師団 20個
常備軍 約50万人、予備軍 約320万人
(ウイキペデイアから)

海軍

約6.8万員(海兵隊含む)
約170隻の艦船
約60機の航空機
(ウイキペデイアから)

空軍

約6.5万人
約790機の航空機
(ウイキペデイアから)

そこで「自衛隊はどうなのか」と見ると

陸上自衛隊

定数は約15万2千人
ほかに即応予備自衛官もあり
少ない(8千人程度)
※ 過去報道、防衛白書ほか

海上自衛隊

定数は約4万5千人
※ 過去報道、防衛白書ほか

航空自衛隊

定数は約4万7千人
※ 過去報道、防衛白書ほか

さらに言えば
この数値は陸海空ともに実員ではありません。

つまり、ココで表れた数値を全部足しても
現状はそれより少ない人数しかいない
ということ。

また
装備品に関してはあえて表しませんが
新技術を導入したものは自衛隊が上位かと

ただ
絶対数では韓国に劣るものもあります。
戦車、装甲車、作戦機の数は韓国軍が多く
自衛隊の方が少ないですよね。

加えて、自衛隊は
韓国が持つ『玄武ミサイル』に代表される
いわゆる
弾道サイル系列は持っていないので

兵員の数はもちろん、兵員として転化できる
人材数などを合わせ考慮すれば

現状の見える部分だけでも
十分脅威を受けていると思うのです。

そこで、話を戻して今回の記事内容です。
韓国の意図がアリアリと読み取れるわけですから

この現実世界を脅威、恐怖と捉えず
何と表したらよいのでしょう。
と思うばかり。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

追記 今の心配ごと

最近、今の日本の政治家に国を任せて
「大丈夫なのかな」
と心配です。

(追記オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。