旭日旗・・東京五輪・パラリンピック組織委員会は持ち込み禁止品にしない!騒ぐことでもないのでは?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

旭日旗・・東京五輪・パラリンピック組織委員会は持ち込み禁止品にしない!騒ぐことでもないのでは?

・・です。

毎度、韓国にかかわる話で
ご覧になっていただいてる方の中には
「またか」
と思われる方もいるかもしれませんが

今回もそういう類の持を取り上げてみます。

先日、韓国の国会で
文化体育観光委員会と呼ばれる部署、組織が
2020年の東京五輪への『旭日旗』持ち込みを
「ケシカラン」
とした件。

東京五輪・パラリンピック組織委員会は
3日に見解を明らかにしたようです。

結論・・
それは「よし」とするもの。

理由・・
旭日旗は日本国内で広く使用されており
旗を掲げること自体、政治的宣伝に該当しない
との判断趣旨を述べています。

スポンサードリンク


それゆえ
持ち込み禁止品とはしないとのこと。

至極、まっとうなものに映りますよね。
旭日旗って、漁船にも掲げられていますし
生活の中にも溶け込んでいるでしょう。

それを韓国、韓国人の考え方ひとつで
日本社会、日本人に押し付けられては困る!
と思うのですよ。

ともあれ
この判断・・韓国では波紋を呼ぶというか
自らの思いが通じなかった!ということもあり
早速、大いに反日風が吹き荒れそうな見立ても
ありますが、どうなりますやら。

とはいえ、そんなに騒ぐことでもない!
でしょう。

そして
もし・・ですけどね。
韓国、オリンピックに出たくないなら
無理して参加しなくてもよいとも思うんだよね。

難癖付けて参加しても、面白くないでしょう。

最後は辛辣表現になってしまったけど。
辛辣に迫られれば、辛辣に返すしかないのです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。