韓国敵視と言われても・・ね!実態は文在寅政権の日本敵視じゃないの?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


ラビカリです。

今回はこちら

韓国敵視と言われても・・ね!実態は文在寅政権の日本敵視じゃないの?

・・です。

先日(8月31日)、東京都千代田区の某所で
市民団体や大学教授などが、気勢を上げていた
とあるのです。

こんな感じらしいのですが
「日本は・・、安倍政権は韓国を敵視するな」
と騒いでいた!
・・と。

早い話、韓国をもっと大事にしろ!
と言いたかったようですね。

ただ、どうなんでしょう。
敵視・・ですが

日本側がそうした視点を持っているというよりも
韓国が「日本を敵視している」と見なした方が
正しい
と思うのですよ。

基本、多くの日本人は韓国のことなど目に入って
いないでしょう。

失礼ながら・・敵にならない!

と見ているのではないでしょうか。
国家としての品格とか、民度とか
(過去の姿勢態度から、判断するとね。)

もちろん、韓国軍の数の多さは脅威でしょうし
徴兵制があるので
少なくとも韓国の男性は武器を扱えると思われ
日本の男性よりは怖い存在とは言えそうですが・・

それこそ日本共産党が語る
『殺しの訓練』に習熟しているでしょう。

ですが
その点は話題となっている敵視とは別次元
と思われるので横に置かせていただくとして

あらためて
日本が韓国を敵視しているのではなく
韓国が日本を敵視しているのではないか
との視点で、話を進めると

これまで韓国が行ってきた日本への仕打ちを
思い起こせばわかりやすいでしょう。

まずは最近を見てもこれらがありますよ。

スポンサードリンク


8月15日、光復節と呼ばれる日などに行われた
文在寅大統領による数々の理不尽な発言

続いて
韓国政府が煽っているのではないかと思われる
日本製品不買運動

これもそうでしょう。
日本を仮想敵と見なしたと思われる
竹島周辺海域での訓練

ほかに、韓国国会議員団の竹島上陸
日本とのGSOMIA破棄とか

さらに過去をさかのぼれば
慰安婦合意は反故にされていますし
海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射もあるわけで
枚挙にいとまがないかと。

あっ・・とこれが一番最大かも
日韓基本条約やら日韓請求権協定など
過去結んだ取り決めなど関係ない発言もあったでは
ないですか。

文在寅大統領の趣旨「合意は終わりではない」発言から思う!日韓交流って必要?

ですからね。
基本、韓国から日本に対して
様々な敵視施策が行われていると思うのです。

しかも、フッ化水素などに関して
日本は安全保障上の輸出管理を強めただけであり
それは韓国への輸出禁止ではないのです。

と、頭の中に浮かべると

なんかね。
変と思われませんか?

「韓国を敵視するな」
と主張する市民団体と大学教授などの動きが
・・です。

この方たちは今一度韓国が行ってきたことを
おさらいすべきと思いますが
どうでしょう・・ね。

そして
どうしても敵視の言葉を言いたいなら
「韓国に向かって言ってくれ!」
ですね。

もう一つ
「日本を敵視するな」
・・と。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。