うそ(lie)の政府発言、韓国のGSOMIA破棄「米国が理解を示した」のツケは重いドー!

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

うそ(lie)の政府発言、韓国のGSOMIA破棄「米国が理解を示した」のツケは重いドー!

・・です。

やっぱ、うそ(lie)はよくないのです。
米国が反応していました。

22日、韓国は日本とのGSOMIA破棄を
明らかにしましたが

そこに至る間に「米国が理解を示した」
と表していたのです。

しかし、米国は文在寅政権に向けて
「違うぞ」
「そんなこと、理解したことはない」
「うそだ(lie)」
と、否定へ発展。

しかも在米韓国大使館と韓国外交部に対して
抗議したともあるのです。

基本、外交において、外交戦という名の下で
相手に本心を知られないため
本当のこと、内輪の真実を語らない!
これはあるかもしれませんが

あからさまに虚偽をぶちまけるというのは
イカンでしょう。

今回の韓国政府のうそ行為について
米国は文在寅大統領の政権がやらかした
との見方で、韓国、あるいは韓国政府として
一括りにすることは避けているようですが

いずれにしても
日本の組織、日本人としては
「韓国は信用はならん」
「ほかにも、騙しているところはないのか」
と映ってくるばかりでしょう。

極めてマイナスの行為をしたと思うのです。

さらに付言すれば

lie との表現が
目に入る範囲ながら
どの報道を見てもありますので
国家相互で使用する言葉とは思われません。

ですので
相当、米国政府はアタマにきている!
と思われますが、どうでしょう。

しかし
この件が明らかになったことで

ほかのできごと、事象においても
同様ではないかと、推察されるのです。

たとえば
● 韓国海軍艦艇による海自機へのレーダー照射
● 韓国と北朝鮮の船舶による石油の受け渡し
(いわゆる『せどり』)
なども
韓国の言うことはあてにならないとなり
新たな『うそ』が飛び出すかもしれないのです。

ご覧の方はいかが思われますか。

ともあれ
「うそつきは泥棒のはじまり」
と言いますからね。
日本では・・

また
米国の信用を激しく失ったことでしょう。
重く沈み込むほど。

基本、米国って「フェア」であることが基調
と思うのですよ。
少なくとも、あからさまに騙すことはしない
でしょう。

そして、嫌がるかと。

ですからね。
韓国の将来の姿が何気に暗く映ってきます。
心を入れ替え立ち直って欲しいものです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。