韓国の日本とのGSOMIA破棄関連で見つけたツイッター投稿から思う!

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

韓国の日本とのGSOMIA破棄関連で見つけたツイッター投稿から思う!

・・です。

今朝がたも取り上げましたが
午後も韓国が行った日本とのGSOMIA破棄に
ついて触れてみます。

とにかく
報道、ネットの中を見回すと、多いですね。
韓国のGSOMIA破棄関連の話題が・・

一つはGSOMIA破棄で
「韓国の姿勢・態度はこうだ!」
というもの。

中でも多いのは
日本に対し「してやったり」とした表現

「日本がオロオロしている」
「日本が迷っている」
・・とか
韓国が優越感に浸っているものですね。

ホントは
日本、そんなに困っていないようですけどね。

また
今後の予見を表すものも結構目につきます。

韓国がGSOMIAを破棄することで
米国の意向を無視し
要望(要請)に逆行した行為を取ったわけです。

その結果
米国からペナルティが課されるのではないか
と見なせるものが多いのです。

それが、こちらの将来見積もり事項。
(想像に難くはないでしょう。)

在韓米軍の駐留経費を「今まで以上に払え」
・・とか

続いて、浮かぶもの。

韓国の金利下げを持ち出され、ウォン安誘導を
行っていると探られたり

・・とか

ただし
ウォン安はすでに韓国経済へ悪影響を及ぼす
と思われるほど進行しています。

現在、1ドル = 1200ウォンから降下中。

そのため、責められても
「俺にはどうしようもできないんだ」
状態かもしれません・・けど。

そのほかではFTA絡みで
「今まで黙っていたけど」「もう、許さんぞ」
と発展しかねない話題を投げつけられる!

・・とか

もしかすると
韓国製品の米国への輸出のあり方を問われ
貿易が今以上に行い難くなる!

・・といったものです。

その後は米国によるこれら圧力を回避するため
中国にすり寄る動きを持つのではないか?
ということ。

ここまでは漠然としながらも僕でも弾き出せた!
・・わけです。

ところが
さらに先を読んでいる方のツイッター投稿を
目に入れたのです。

さすがは百田さんですね。

さすが、と思われませんか
どこがさすがであるか、と言いますと

この部分
『中国指導の元で北に飲み込まれる』
です。

これ想像が及ばなかったですね。

まさか
朝鮮半島統一への流れが起きるとまでは
想いが至らなかったのです。

でも、あらためて、活字を追うと
ありえないことではないでしょう。

文在寅大統領は親北なのです。

自らも平壌に向かっていますが
その師匠と呼ぶべき廬武鉉元大統領も同様であり
文在寅大統領に負けず劣らず
北朝鮮がお好きと見なされる方であったのです。

そこで
文在寅大統領の周囲を固める人物名を広げれば
合わせて
過去の左翼政権の行為の蓄積を考えれば

最終的に北朝鮮へ顔が向くことは
「おかしくはない」でしょう。

しかも
北朝鮮はすでに中国の庇護を受けている!
と言えそうですし

そのアト、韓国が中国を頼り庇護を受ければ
北朝鮮の後輩になる
わけですから

『中国指導の元で北に飲み込まれる』・・は
かなり可能性のある内容ではないか
・・と。

それゆえ
今後いかなる流れになるのか
それは不明ですが

最後は北朝鮮・金正恩委員長が笑う!
・・のではないか
そんな考えも個人的には膨らむです。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。