韓国、GSOMIAをどう扱う? 延長云々、日本は別に困らないが安倍首相の本音かも・・

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク


追記
韓国、日本とのGSOMIAを破棄へ(22日18:00過ぎ)

ラビカリです。

今回はこちら

韓国、GSOMIAをどう扱う?延長云々、日本は別に困らないが安倍首相の本音かも・・

・・です。

さて、今日の午後、韓国政府は
日本とのGSOMIAの今後の扱いについて
明らかにする姿勢とのこと。

NSC(国家安全保障会議)を経て
文在寅大統領が決定へ

日韓のGSOMIA
: 日韓軍事情報包括保護協定

つまり、継続するか
「日本とは軍事情報のかかわりを持たぬ」
とするか
・・の結論を出すというのです。

でもね。
こんなこと言いだす時点で
ずいぶん後ろ向きな姿勢であること。
それを察しますよね。

これのことですよ。

21日、青瓦台
金尚祚(キムサンジョ)政策室長

次の趣旨発言をしたとあるのです。

「GSOMIAの延長に関し韓国側は最後の瞬間まで慎重に扱い決定に臨む」

とあるのです。

ちなみに日本側に触れると
菅義偉官房長官は大切なものだから
「続けて欲しいなあ」
との意思を表しています。

でも、少々『あまの邪鬼』な僕は
違う考えも持ったりしています。

存外、日本は「どっちでもよい」
と思っているのではないか?
ということ。

元来、GSOMIAは
米国の意向を受けての締結話であった
との話も見られますからね。

日本側には「しようがない」「一応結ぶか」的な
性格を帯びていたのではないか
と思うわけです。

それに韓国より、米国・米軍の方が情報量は
多いのではないでしょうか。

何と言っても、米軍は朝鮮半島に駐留しており
韓国軍とも過去訓練を行ってきた仲なのです。

スポンサードリンク


当然、米韓としての情報交換はもとより
それを円滑にするためのセキュリティ内容も
しっかりしているでしょう。
(少なくとも米軍経由なら・・と思うのです。)

であれば
それは情報のやり取りにおいて
日本は韓国とGSOMIAを持たずとも
米国を対象とするか
そのかかわりをさらに拡充するとか
・・で十分と思うのですよ。

ということで
GSOMIAに関する韓国側の動きを見て
日本は一喜一憂する必要はないかと。

ただ、韓国が日本とのGSOMIAを破棄へ進み
その結果、米国が韓国を見限る事態になると

共産主義、北朝鮮との対峙ラインが38度線から
対馬まで南下してくるおそれもある
わけで
日本もそれ相応の対応に迫られることになる
とも考えるのです。(情報上の観点で。)

韓国がGSOMIAを破棄! この意味考えると、今まで承知した秘密、中国など横流しもアリかも?

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

追記 GSOMIA破棄しちゃったよ!

韓国、やりましたね。
GSOMIA破棄の決定を出したとのこと。

日本との絡みを漠然ながらも考えると
・・ですよ。

これまでの反日の流れを持った韓国と
GSOMIAが続いたとしても
適切な流れを持てるかどうかは不明でしょう。

こうなったら
日本は韓国の存在がないものとして
朝鮮半島全体を見ていく意志を強めた方が
よいのではないでしょうか・・ね。

そして
今回の韓国の判断で、米国がどのように動くのか
こちらも注視でしょう。
在韓米軍はどうなるか?

・・ですね。

まずは
頭に浮かんだことを門外漢が並べてみました。

(追記オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。