米国が日韓の請求権問題は日韓基本条約付随の日韓請求権協定で解決!と支持していた。毎日で流れてた・・

この記事は1分で読めます

ラビカリです。

今回はこちら

米国が日韓の請求権問題は日韓基本条約付随の日韓請求権協定で解決!と支持していた。毎日で流れてた・・

なんと、なんと・・

今回は驚きました!

米国が
日韓の請求権問題は1965年に結ばれた
日韓基本条約付随の日韓請求権協定において
解決した
と見なし、それを支持していた!
とあるのです。

繰り返しましょう。
日韓請求権協定で解決済み!
ということ。

毎日新聞(11日)に表れていました。
内容もさることながら
この報道を毎日新聞がやってのけたことも
びっくりなのです。

https://mainichi.jp/articles/20190810/k00/00m/030/305000c

ちょっと目からウロコでしょうか。
「毎日もやるな」
という感じ。

そして、基本、今回の件で
「米国が支持」・・
日本の主張を支持する先に映るものは
こういうことになるでしょう。

韓国の大法院(最高裁)が
いわゆる元徴用工
(韓国呼称、日本は旧朝鮮半島出身労働者
・・への賠償は
1965年の日韓請求権協定で終了している!

そのためかかる対応の全責任は韓国にある
ということになるでしょう。

大きな前進かと・・しかし
韓国は「金づるを失った!」とばかりに
地団太を踏むかもしれません。
・・が

それにしても、繰り返しになりますが
この内容を毎日新聞が行うとは驚くとともに
不思議感が増すばかり・・

ということで
今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ホセムヒカ 来日
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。