岸田外相が訪韓へ! 韓国の反応は? 日韓外相会談開くけど『日韓基本条約』『日韓請求権協定』を守れるのか!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

ひらめき? と思えること。

項 目

1 年内訪韓
2 基本は崩さない
3 アトだしジャンケン

年内訪韓

大きく日韓関係が動くかもしれません?
本当のことはわかりませんけど。
安倍総理大臣が岸田外相に韓国を訪問を指示とありますね。

訪韓日はこの28日、御用納めの日ですが、政治家にはその
ようなことは関係ないのでしょう。

是非とも、日本の国家・国民のため、具体的に国益のため
ご尽力のほど、お願いしたいものです。

メディア・報道を通じ知るところですが、今回のいきさつ
は憶測が飛びかう中、大きくは次の2つが考えられるよう
です。

ひとつは・・

22日に確定した産経新聞前ソウル支局長の無罪判決

もうひとつは・・

23日の韓国憲法裁判所の日韓請求権協定の違憲訴訟の訴え
却下

この二つはいずれも一般的な日本人であれば、当然の帰結
と考えるものでしょう。

何を今さら的なものにしか見えないと思うところ。
ですが、ここで安倍首相は何らかのひらめきが生れたのか
もしれません。

また、同時に韓国は単純に韓国に利がある向きでいわゆる
『慰安婦問題』解決と称し日本を誘いこむ?

日本から何がしかの「利」をストローで吸い上げるため。
岸田外相を訪韓させたいのかもしれません。

いささか意地悪な見方ではありますが、過去の二国間関係
からそのように考えが走ります。
それを禁じえないのです。

スポンサードリンク

基本は崩さない

ともかくも、日本は今まで

日韓基本条約

とともに

日韓請求権協定

において、いわゆる慰安婦問題を含めてですね。

『完全かつ最終的に解決済み』

としてきています。

ですので、韓国側からの新たな言い分を受け入れることは
ないと思いますが、このあたりはとても興味を覚えるとこ
ろでもあり、不安を感じさせる点でもあるのです。

基本は崩してほしくない!・・ですね。

また、仮に外相会談で何らかの妥協点があるとしても。
韓国国民が感情的にエスカレートするものであれば、履行
の見通しがつくのか?

はなはだ疑問となるところでしょう。

このことは日韓の首脳による終結の確認と同宣言を行った
としても、それがいわゆる慰安婦問題を含めた懸案とされ
る事項の終了を保証するとは思えないからです。

盗まれた対馬の仏像・・しかり
竹島・・しかり

ゴネた者が勝ちの世界観を持っている!
そのようにしか見えないからですね。

これもいささか意地悪視点・・でしょうか?

アトだしジャンケン

それに付言するようなものですが、大概、韓国の大統領は
任期を終了すると逮捕されたり収監されたりと忙しいでし
ょう。

つまり、それは先の大統領の約束だから反故!もアリと思
えるわけです。

要するにアトだしジャンケンが得意なお国柄ではないか?
・・ということ。

今までの韓国の指し示す「いわゆる」

ごめんなさい目標の移動

Moving Goal方式の外交

・・が、終止符を打てると思える人は少ないでしょう。

何はともあれ、仲良くする!仲良くしたい!
その気持ちはやまやまなれど。

『反日法』を備える韓国に対して、今までの先人が築いた
日本政府の見解を違える・・妙な妥協点を見い出す。
それだけは避けて欲しい!

それに尽きるのです。

(オワリ)

追記 2017年12月29日

おおよそ、二年後に自らが感じたことを表したものを再度
目に入れると、「こうならなければ、よいけど」と思った
ことが当たっているので、少々びっくりしています。

僕の見立ては間違っていなかった!
やはり、韓国は油断がならない!
そのように映ってきます。

そして、そんな思いを強くするばかりですね。
かつては大好きな国だったのに、今はまったくダメです。
残念だけど、あまりにも日本を馬鹿にしていますよね。

(追記オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 韓国 通貨交換
  3. 世相 雑学
  4. ムヒカ 来日
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。