トランプ大統領のツイッター投稿から、日本も真の自立を考えるべきか!

この記事は2分で読めます

ラビカリです。

今回はトランプ大統領のツイッターから
受け止めること。

何で、何の補償もないのに守らにゃならんのよ?自分で守りなよ、自国船舶は・・危険な航路から。中国も日本も、そのほかも

米国は自前で油は何とかできるから必要としていないのよ。米国はテロの支援をしたり、核兵器保有の動きを持ったりするイランへ「そんなことすんな!」と求めているだけなんだから

※ 大意はこんなものでしょう。

至極、もっともなことと思います。
国のリーダーであれば、当然でしょう。

紛争、あるいはゲリラの攻撃によって
危険な目に会うのは米国の兵士たちでしょうから
・・ね。

一つだけ、疑問ありとするならば
『何らの補償もなし!』
というのは言い過ぎの感もありますが

・・日本に関して。
沖縄の米軍基地、本土の米軍基地は少なからず、米国のために機能しているのではないでしょうか。と思うわけで・・

でも、それ以外はうなづけますね。

とにかく、基本
トランプ大統領の目に映る姿はこれかと

ペルシア湾(ホルムズ海峡)が危険だと言うなら
米国の船を守るのは米国・・これは当然。

外国の船を守るのは、船籍のある国
あるいは
所有する会社企業などの国
・・ということなのでしょう。

したがって
日本の船(タンカーなど)を守るのは
日本が行うべき!

この点について
トランプ大統領の示すとおりかも
何らの補償がなし以外は・・

ですから、
日本も日本人も、人に頼る事ばかりではなく
真に自立とは何か考える時が来た?
そのようにも思われるのです。

(次の税金上がる根拠になるかもしれませんが)

今回はちょっと目が醒める思いをした内容を
見つけたので、想いとともに表してみました。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。