一国二制度への危機? 100万人デモが香港で起きている!

この記事は1分で読めます

ラビカリです。
今回は国外に目を向けてみます。

どうも・・香港のデモはいまだ収束せず!
といった感じですね。

日本のテレビ報道はあまり詳しく伝えないせいか
インターネットを通じて外国系の報道から
「ああ、そうなのか」
「そんな変化が起きているのか」
と、知る程度ですが

とにかく
香港政府は『中国本土への容疑者引き渡し』が
可能となる『逃亡犯条例』改正案の審議を
進めたい様子。

12日に審議再開とありました・・が
これはデモの影響で流れました。

条例改正への反対者が数万人規模で
香港主要部に集結したことが影響したのでしょう。
※ 産経、ロイター(12日)などにあります。

また、報道からうかがえることは
想像以上に香港自治の根本と映る『一国二制度』へ
危機感を抱く人たちが多いこと。

「100万人のデモ」の表現もありますから
この数値が本当かどうか、誇張かどうか
それはわかりませんが

条例改正案が通った場合のことを考えれば
うなづくものはあります。

そして、危機のイメージも浮かびます。

仮に香港で中国批判を行い
香港政府に捉えられた場合
中国に引き渡されるおそれが生じるでしょう。

ですから、成立すれば、事実上
北京政府が香港政府を統制かつ、制御できる!
そのようにようにも見えますからね。

さらにここで気になるのは、中国の動き?
実際動くのか?
動くのであれば、どんな形で動くのか
目が離せないと思うのです。

そこで日本の報道メディアに一言で
「世界に大きな影響を与えるできごと」かと
思いますよ。

ですから、しっかり報道して欲しいものです。

ちなみに台湾の蔡英文総統はデモを支持と
あります。

今回はここまでとなります。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
失礼します。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。