韓国・釜山の慰安婦像設置から在韓大使と総領事の帰国を思う! 安倍首相には毅然と・・守りが盤石なら断交もやむなしか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク


在韓大使、総領事の帰国

一連の韓国の慰安婦像設置から始まる日本の
対抗措置、今後の影響に関し徒然に思うのです。

特に在韓大使と総領事の本国召還とも言える
帰国は思い切ったことと思います。

これで韓国にはそれぞれの次席クラス以下の
職員しかいないわけでしょう。

もし、韓国内でトラブルに巻き込まれた邦人が
いれば、場合によっては予想外の韓国側の
対応にさらされることも考えられ、ちょっと
怖い状態のように思えます。

単なる杞憂に終わればと念ずるのみ。
というのが素直なところです。

スポンサードリンク

ただ、今回の日本政府が取った措置は国と
国の約束事は互いに守りましょう!
という趣旨からの発露に見えます。

2015年12月28日に日韓の外相会談での合意を
互いに守ることが大事としたもの。

いたずらに日本政府並びに日本人が嫌がらせ
として行っているものではないでしょう。

既に日本側はいわゆる慰安婦と呼ばれる方へ
韓国側が手渡したいとする経済的な要求事項
等に関し応えているのです。

後は韓国の国内問題として処置すればよい
のです。

そして、同時に日本側の思いとしていわゆる
慰安婦像撤去が実施されれば、基本的な約束
事は守られるのです。

ですが、韓国の人たちは前者は良しとしても
後者は納得しない様子。

国家間での合意事項を覆す、あるいは抗う
ほどの感情の織りなす次元があるのか?

不思議でもあり苛立つところ。

基本的に日本側はいわゆる慰安婦を戦時の
売春婦という認識でしょう。

しかし、それほど騒ぐなら軍人相手に嫌な
こともあったと思い、そのお見舞いも必要?
という考え方が主たるものと思うのです。

また、日本人の多くはこのように捉えている
のではないでしょうか。

何も自分たちの先祖を極悪非道の悪者に
仕立て上げたくはありませんから。

しかし、韓国側は日本、日本人は悪。

そのように教育を受け、いわゆる慰安婦に
関しては強制的に韓国女性が親元から引き
離され、日本軍から悪辣な行為を受けたと
信じている様相です。

さらには、この信じ込んだ思いは1000年
経っても消えるものではない!

と、国の為政者、指導者がつい最近まで
唱えてきたのです。

これでは双方の重なる交点はないでしょう。

そして、韓国側を見る限りどこまでもこの
感情、感覚、思いの変化、変更点が表れる
ところを見出すことはできない有り様。

何かあれば大きな声で他者に吹聴する姿勢。

これでは日本が折れる以外に双方の交点など
出現することは不可能なようです。

ところが、世界協調、安保の観点がある
とはいえ、日本も先祖を悪し様にしてまで
韓国に譲歩することに限界はあるでしょう。

その限界が、先ほどの日韓外相会談の合意
と思うのです。

そこで、ようやく今に至るわけです。

ですが、そこまでしても韓国は折り合う
姿勢を見せない。

その最頂点に立つのが釜山日本総領事館前に
できた、新たな・・いわゆる慰安婦像。

ここで日本側の我慢も最頂点に立った!
と見なすのが自然でしょう。

が、韓国の人々は大統領の弾劾もいわゆる
慰安婦像の設置も「国民の勝利」との表現を
使い正当性を強調しています。

となると、日本側がウイーン条約を根拠に
対抗措置を展開しているとしても、韓国が
その論理に理解を示すことはない・・。

なぜなら、彼らは自分たちが正しいと信じて
いる!

感情が先立ち「正義は我」との姿。

・・と思われますから。

一方、日本と日本人の多くは理に基づき行動
同時に先祖の中傷を受け入れるにも限界へ。

これでは双方絶対に相容れない。
それが自然に見えてきます。

仮に日本政府が在韓大使と総領事の帰任を
韓国側が約束を果たさない状態で行えば
日本国内でも大きな動きが起こる・・?

その状態で戻せば韓国に屈服した!
そのように映るでしょう。

このように韓国が日韓外相会談の合意に立ち
戻らず、約束事を履行しないのであれば
次は『断交』しかない!

それを安倍首相はじめ日本の指導者たちに
求めたとしてもおかしくない!

・・と。

もっとも、他にも考慮すべきファクターは
あるとは思うので、多少形の変わった帰結。

それもあるでしょう。

ただ、今回の一連の騒ぎを見て徒然ながら
このように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。