台湾の蔡焜燦氏が亡くなる! この方は印象深い! 『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)日本人よ胸を張りなさい』の方!

この記事は1分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
日本と台湾(中華民国)の架け橋ともいえる方が
亡くなられたことに関して。

蔡焜燦氏の死去のことです。
17日のできごと、90歳。

印象深い方ですので、適切な言葉は浮かばずとも
取りあげてみます。

そして、まず、ご冥福をお祈りします。

『台湾人と日本精神(リップンチェンシン)
日本人よ胸を張りなさい』

台湾人と日本精神(リップンチェンシン) 日本人よ胸を張りなさい (小学館文庫) [ 蔡焜燦 ]


これを著した方です。

そして、蔡焜燦氏は司馬遼太郎さんの作品「街道
をゆく・・台湾紀行」にも登場。
また「親日家」「愛日家」として紹介されていた
方でもありました。

年輩の方はご承知と思いますが日本と台湾を結ぶ
ような方でしたね。

その意味で、台湾(中華民国)はもちろん。
日本にとっても大きな痛みを感じるできごとと思
います。

繰り返しですけど。
両国間の架け橋のような方。

そして、報道・メディアのなかにありましたが。
第2次世界大戦中、蔡焜燦氏は陸軍航空隊に志願
しています。

いわゆる少年航空兵ですね。
配置先はこのように表れています。
岐阜にあった陸軍航空整備学校の奈良教育隊へ。

そして、日本で終戦を迎え、台湾に帰還。

当時、台湾は日本の統治下。
そして当時は日本人ではありますが。
とはいえ、志願し敗色濃い日本本土に向かうとは
ですね。
時代の背景があるにしても、頭が下がる思いがし
ます。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。