2017年6月10日からカザフスタンの首都【アスタナ】! テーマ「未来のエネルギー」の国際万国博覧会が開かれる!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



今回は万国博覧会が行われるアスタナ関連で
徒然に思うこと。

項目

1 Twitterで出会ったアスタナ
2 日本はどうするの?

スポンサードリンク

Twitterで出会ったアスタナ

Twitterを見たらこのつぶやきに出会った
のです。

とてもいいですね。

まさに2017年の万博テーマにぴったし!
というか捉えやすいものです。

ちなみに万博のテーマはこれ。

 未来のエネルギー
 Future Energy

それを承知して見るとこのつぶやきの目指す?
というか方向性がわかるような気がします。

その前に、ロシア語はチンプンカンプン。
ですが言いたいことはこれでしょう。

同じところにあるつぶやきを引っ張ってきました。

はじめてさー!
太陽光発電が化石燃料発電よりもコストが
低くなったよー!

・・ってな感じでしょうか。

未来のエネルギーはクリーンなタイプ?!

夢のある万博(万国博覧会)です。

会期はこうですね。

 2017年6月10日-9月10日

場所はもちろん。

 カザフスタン  アスタナ市
カザフスタンは共和国です。
これが本来の呼び名:カザフスタン共和国

行ったことも見たこともない街ですが
画像を見る限りとてもひかれます。

日本はどうするの?

また、日本も日本館を開館とのこと。
シンボルマークもありますね。

万国博覧会 アスタナ

そのテーマはこの3つ。

 在来型のエネルギー
 再生可能エネルギー
 未来のエネルギー

これらが重なり一体となって未来に向けて上昇
したい。

これを表現とあります。

出典:経済産業省ウェブサイト
http://www.meti.go.jp/policy/
exhibition/astana2017.html

また、日本館のテーマはこれですね。
経済産業省のウエブサイトから「水素」を
強調とのこと。

未来のエネルギーをひも解く解決策の1つ。
来たるべき社会は水素社会である!

それを訴えたいようです。

それがこの2つでしょう。

 水素が拓く未来のくらし
 水素がまもる未来のくらし



夢多き日本館、パビリオンになりそうです。

これは日々ウオッチでしょう。

徒然ながら思うのです。

万国博覧会 アスタナ

出典:国土地理院ホームページ
http://www.gsi.go.jp/
地理院地図加工
中国を超えて行くのです。
シルクロードの世界・・興味深い!

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岸田外相 慰安婦
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。