スターウォーズ『フォースの覚醒』・・デイジーリドリーの孤独感を強調!また劇場で『BB-8』のグッズは人気上昇?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

スターウォーズ『フォースの覚醒』
劇場に行くと多くのグッズが並んでいます。

項 目

1 『フォースの覚醒』雑感想
2 グッズの人気度
3 劇場で見つけた楽しみ

スポンサードリンク

『フォースの覚醒』雑感想

スターウォーズのエピソード7
『フォースの覚醒』・・
今日も、午前中、見に行くことに。

2回目となると妙な話ですが
かなり落ち着いて見ることができるのか
結構細かいところまで気付いてきます。

ストーリーは、これからご覧になる方の
邪魔になってはいけませんので差し控えますが
デイジリドリー演じるレイの孤独感を
クローズアップされているようです。

以後のストーリーとの関連もあるのでしょう。

映画館の扉に貼ってあった案内画像。
あちこちから光があたって雑ですが
カッコよさは伝わるでしょう。
スターウォーズ グッズ

また
ディズニーが映画の表看板として
立ち上げているせいか

デイジーリドリーのレイを含め
ファミリー・・家族の絆に関しての表現が
濃いように見えます。

アト・・前評判の中で
特にTwitter等のネットで知った話のうち

映画の中では否定もされていないけれど
肯定もされていない部分があったりして

「あれ?そうなの!」と
自分の思い込みに対して意外さを感じたりと
なかなか楽しいものです。

この意外と思った部分
結構ストーリーの大きな要素と思うので

もしかすると、製作者側は多くの人に
いっぱい想像を膨らませて欲しいのかな?・・と
勝手に考えて納得したり。

ともかくも
今年の春から初夏にかけて

定説のようにささやかれていた
ストーリー小話とはとは
異なっているものもあるようです。

ご覧になると
なんとなく「あれか!」なんて
同じような思いを持つかもしれません。

グッズの人気度

ところで
映画内容はここまでにして

劇場の中で気が付いたことを
ちょっと触れますと

かなり広めに
スターウォーズのグッズの広場が
用意してあるにも関わらず

あの『BB-8』が見あたらないのです。

19日に見に来た時はあったのに
今日21日にはもうないのです。

全くないとわけではないのですが
個体の形をしたものがないのです。

もちろん
すべての劇場で
そうであるとは言えませんが。

ただ、一部の劇場にしても
人気があるか
あるいは人気が出始めている様子。

映画の中では、始まりから終わりまで
ほぼ登場しているように見えますから

劇場に来た人へのインパクトは
相当なものがある?

それに形が球体・・
ダルマさんのような形状が受けるのか

あるいは球面で作り
曲線であらわされる動きが柔らかく
可愛らしく、見えるから・・?

理由は
それぞれの人の主観によると思いますが

劇場で近くを通った人から漏れてくる会話から
印象が良いようです。

こんなに人気が出るのなら
もっと早めに手に入れるべきだったと

ちょっと残念!

それにしても
まだ封切4日目なのにスターウォーズって

こんなに人気がある映画!
・・と、あらためて思うことに。

劇場で見つけた楽しみ

また、映画館に来た人が
宣伝用のたて看板?広告塔?広告看板
の写真を撮っていたことです。

こういうのって
別に珍しいこととは思いませんが
その数がちょっと多い!

これです。
皆さん、喜んで撮っていました。
たぶん、多くの映画館で同じでしょう。
スターウォーズ グッズ

19日は混んでいたので気が付かなかったのですが
今日は平日のためか人が少ないということもあって
上映終了後に目に触れた・・ということ。

僕も同様に「これはいいや!」と何枚か。
これも楽しみのひとつ。

こんな感じで、映画の中身以外にも触れ
スターウォーズで、時間を過ごした話でした。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 江口寿史 パパリンコ
  2. IQ246 石黒賢
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。