石野卓球さん! ピエール瀧さん! 「シャングリラ」の電気グルーヴがスマスマに出る?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

電気グルーヴがスマスマに出る?

ツイッター見てると電気グルーヴが目に留まります。

今度、スマスマ、テレビ出演するとのこと。
それでもって、ちょっと探索します。

電気グルーヴ ピエール瀧

項 目

1 スマスマに電気グルーヴが出演
2 電気グルーヴのCDが出る
3 ドキュメンタリー映画も・・

スポンサードリンク

スマスマに電気グルーヴが・・

12月14日のスマスマに電気グルーヴが出演予定とのこと。
たまたま、連れが話したことを聞いて知ったのですが、同番組に登場するのは初めてともあります。

「へえー」という感じ。
電気グルーヴって、確か、平成の時代に入るか入らないかの時代に結成されたと思いますからね。

一度ぐらいは出ていると思いましたけど、意外でした。
それに、25年は続いている息の長いグループですよね。
(※ アトで調べたら26年でした。修正します。)

僕が、よく知っているのは、あの楽曲です。

・・kiss
・・kiss
・・kiss
・・kiss
・・kiss
・・kiss

・・と続くもの。

全ての歌詞までは覚えていないのですが、でも断片的には、まだ出てきます。
こんな感じですよね。

夢で
KISS KISS KISS
KISS KISS KISS
何処へも何処までも
つながる様な
色めく世界
麗しの時よ
夢で
KISS KISS KISS
KISS KISS KISS
いつでもいつまでも
キラめく様な甘い思いに
胸ときめいていた
あの頃の様に

シャングリラ(Shangri-La)です。

同じように感じていた人は多いと思いますけど。
どうでしょう。

とにかく、ピエール瀧さんの動きがとても興味深いのです。

電気グルーヴのCDが出る

また、今さらあえてここで表さなくとも、知っている人は多いと思いますが、電気グルーヴは石野卓球さんとピエール瀧さんが中心で活動しているグループ。

その他のところ、ちょっと僕の講釈は覚えのあやしい部分もあるので横におきますけど。
とにかく、そういうこと。

電気グルーヴ ピエール瀧

そして、12月の月末(修正23日です。)あたりに電気グルーヴのCDが出るとのこと。

これも「ヘエー」・・「そうなんだ」という感じ。
しかもCDの名称はこちら。

DENKI GROOVE THE MOVIE?
-THE MUSIC SELECTION-

ドキュメンタリー映画も・・

さらにですよ。
どうやら、電気グルーヴのドキュメンタリー映画も作られていたようです。

その映画はこちら。

DENKI GROOVE THE MOVIE?

・・とのこと。
(※ 12月26日から2週間限定の様子)

そして、CDの中身はその中の楽曲ということでしょう。
ですから、今までの電気グルーヴの活動の歴史と言いましょうか。
証のように聞こえます。

気になるところ。

このあたりは冒頭のとおり14日のスマスマに電気グルーヴが出演するとあります。
ですから、新しいCDに入っている曲と映画に関しての話は出るかもしれません。

興味深いです。

そこで、好奇心ついでというわけではないですが、プラスアルファで思い出したのが、ピエール瀧さんのこと。
この方、かつてのフジテレビの番組に「水10」「ココリコミラクルタイプ」の中でぬいぐるみ?でしたよね。
その人形さん、ミラクルさんの声を担当していました。
(「ナンダ ナンダ ヌーン」)

今は、どうしてもそっちの方の印象が強いので、ついピエール瀧さんを見ると「ミラクルさんだね!」なんて、連れには言ってしまいます。

ともかくも、月曜日のスマスマは楽しみでしょう。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. モロッコ ハリラスープ
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。