前向きな歌詞とノリの良い曲のSHISHAMO【明日も】にはまる! 「苦しいけど走った」・・響く!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

『明日も』・・いいね!

今回も徒然に思うことです。

たまたま、連れがかけている曲を聞いたのです。
しばらくですけど。
ぼんやりしながら聞いていたのですが、ホントぼんやりですね。

ししゃも 明日も

でも、何かが、心の中で引っかかったのでしょう!
「もう一回かけて」と、言ってしまいました。

それがこれ。

SHISHAMOの「明日も(あしたも)」

なんかね。
懐かしい感じがするのです。
がむしゃらで遮二無二に突進していった時代を思い出す感じでしょうか。

連れに「どしたん?」と聞くとですね。
「これ、NTTドコモのコマーシャルに流れているよ」だって。

コマーシャル自体見ていないので言葉を持ちませんけど。
思わず「いいね」「いいね」と連発です。

とにかく「いいなあ!」・・とね。
曲がなんともノリがいい感じです。

それ以上に歌詞がまたいい。
勝手な個人感想ばかり先行しますけど。
忘れないうちに、さっき耳に残った言葉だけでも並べてみます。

まずは最初の「月火水木金 働いた」・・。
このフレーズ、絶対共感するでしょう。
ほとんどの人はまず、これ。

だから。結構インパクトあると思うのです。

次は、こちら。
「痛いけど走った」「苦しいけど走った
この言葉は若者の特権のようなものでしょう。
思わず心の中でいいよな!と思うのです。

そして、これも続くのです。
「報われるなんかわからないけど」
思わず、相槌をうちたくなるような言葉。
響くなあ・・とね。

楽曲を何度かですね。
かけ直してもらって、その都度拾った言葉ですから。
前後に飛ぶところもありますが。

続いてはこちら。
「とりあえずまだ私は折れない!」
こういう言葉を聞くと今の多くの若い人たち、元気づけられるのでは、と思います。
いいですね。

さらにこれ。
「僕は折れない ヒーローに自分重ねて
強いね。強いでしょう。

歌詞を作った人ね。
強いと思います。

気になったので CD 注文しつつ、名前を見ると。

宮崎朝子さん・・ですね。
どうも、こちらはほとんどの楽曲の作詞・作曲を行っているようです。

「ほう、すごいなあ」という感じ。
ボーカルとギター担当とあります。
確かに YouTube を見たらそうですね。

そして、この SHISHAMO いろいろと見ると三人の女性バンドなんですね。

あとのお二人はこちらになります。
お一人は松岡 彩 さん。
ベースギター担当でしょう。

そして、もうお一人は吉川美冴貴さん。
ドラム担当ですね。

お二人に関しては基本的にお名前だけしかわかりませんけど。

とにかく、このグループですね。
何か這い上がってきたような力強さのようなものを感じます。

なぜと問われれば、ですよ。
「今回いいなあ!」と思った「明日も」の歌詞を聞く限りですけどね。
歌詞の内容どおりに、受け止められるからです。

※ CDも4枚目ですね。SHISHAMO 4
(YouTubeに出ていました。)

何か負けない気持ちで毎日励んでいる!
そうした印象はありますからね。
バンドの持つ性格が歌詞に表われている?
と、いろいろと考えさせてくれます。

・・当分毎日聞くことになりそうです。

ししゃも 明日も

ということで、今回は連れの聞いていた楽曲から。
このように頭に浮かぶことを並べてみました。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. せごどん ラブぜよ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。