NHK大河『真田丸』・・信繁の祖父「真田幸隆」も描かれる『風林火山』を見るとより面白い!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

『真田丸』のご先祖様

今回は深読みして真田一族の英傑を探訪します。

真田丸 信繁

項 目

1 真田の荘の基礎は
2 放浪の智将
3 奇縁

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST [ 服部隆之 ]

真田の荘の基礎は

はじめに、第一回の『真田丸』を見て「感想は・・?」と聞かれれば、まず「面白い」でしょう。
権力者の狭間で揺れ動く人の心の葛藤が会社人間であった僕には、親近感を感じますからね。

特に、力を失った者に対する人のあり方は、身につまされる(笑)ようなものを感じます。
しかし、それにしても敗者は辛いという感じ。

平岳大さん演じる武田勝頼の漂わせる風が、なんとも、哀愁感に溢れています。
また、勝頼に最後まで忠節を尽くそうとする真田昌幸(草刈正雄さん)の姿が、ドラマでは核となる姿に描かれるかに見えるのです。

そして、昌幸は主人公の信繁(堺雅人さん)の父でること。
それは言うまでもありません。

遡れば昌幸自身の父は真田幸隆、この幸隆こそが戦国の時代に「真田の荘」の確立を図った人物、武将です。
ということで、少々、この幸隆を追いかけてみます。

真田丸 真田幸隆

放浪の智将

そこで、以前、真田幸隆は同じNHKの大河ドラマ『風林火山』で、佐々木蔵之助さんがカッコイイ武将として演じています。
ですが、今回は佐々木蔵之助さんではなく歴史人物の真田幸隆に目を向けてみます。

理由の一番は、戦国動乱の時代を生き抜く知恵のある武将に見えますからね。

元々は東信濃の地侍的な武将、仕えた海野氏(真田氏は海野氏の傍流)とともに、甲斐の武田信虎(信玄の父)に追われたことから、歴史に名を刻むことになるようです。

このアト、関東管領であり上州に基盤を置く上杉憲政(のりまさ)の庇護を受けるのです。
このあたりは『風林火山』でも描かれていました。

ドラマですからデフォルメ部分もあると思いますが、それでも歴史が連続していることはよくわかります。
結構史実に沿った展開になっていたと思います。
ちなみに関東管領とはこういうもの。

【関東管領】
室町時代(足利幕府)の関東鎌倉府の長官補佐(関東公方の補佐)、早い話が関東一帯の副地方長官のようなもの。
(ここの話での関東公方は足利晴氏です。)

それにしても、この時代は落ち目と言える時期でもあり、すでに鎌倉は北条氏の領有となっています。
名称はそれに伴い古河公方と変化があるぐらいです。

そして、時は進み武田家では信虎を追放した晴信(後の信玄)が家督を奪い甲斐の実力者へ成長。

その後「川越夜戦(かわごえよいくさ)」が起きて、関東管領の上杉憲政は小田原拠点とした北条氏康に大敗、上州へ逃げ帰る!というわけです。

真田丸 真田幸隆

ここで川越夜戦に触れると、こんな感じ。

【川越夜戦】
日本三大奇襲戦のひとつ。
1545年、上杉憲政、上杉朝定、足利晴氏等約八万の大軍が北条氏の河越城を包囲したものの、十分の一の兵力の北条氏康に敗れた夜戦です。
山内上杉家(上杉憲政)
扇谷上杉家(上杉朝定)

結果は関東管領 上杉憲政が大敗へ、そのため、関東管領のもとでの本領回復は望めないと判断した真田幸隆は、過去の武田への恨みを捨て武田に仕えることになるのです。

ドラマ『風林火山』では山本勘助(内野聖陽さん)の説得を受け、武田晴信(市川亀治郎さん)に恭順の意を示します。
そして、本領復活を果たせるのです。

ここまでが真田家の基礎の基礎ということになるのでしょう。

どうも、幸隆という人物は智将、知恵者。
そんな感じですが、状況の判断力にも優れた人物のようです。

なんとなく、あちらにふらふら、こちらにふらふらと見えますが、周囲の武将の値踏みをしていたのでしょう。
その点は昌幸も父親譲りのものがあるかもしれませんね。
ふらつきますから。

ともかくも、いったんは素浪人のように落ちぶれ周辺の諸侯、武将に身を寄せつつも、次第に実力を蓄え、一城のみならず複数の城持ちになるのですから、並みの人物ではなかったと思います。
真田丸 真田幸隆

奇縁

また、最後に城を持ち天寿を全うしたか、どうか。
その違いはあっても、その孫にあたる信繁(幸村)も流浪という点ではですね。
幸隆と似たような人生を送っていたようにも見えるのです。

何やらそこに奇縁を感じさせます。

今回はここまでです。
また、見てください。
では。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 電気グルーヴ ピエール瀧
  2. 孤独のグルメ ジンギスカン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。