【真田丸】第36回「勝負」での関ケ原の合戦・・1分もなく終了! 信州の真田一族の視点では眼前の出来事ではないからか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
【真田丸】第36回「勝負」に関して。

時の流れの速さを感じさせます。
すごい勢いですね。
1600年を駆け抜けているようです。

しかし、今回はいささか拍子抜けでしょうか。

真田丸 関ケ原の戦い

感想主体に語っていきます。

タイトルが「勝負」ですから。
もう少しですね。
戦国最後の大戦(おおいくさ)を前面に出すか
と思っていたのです。

関ケ原、上田を問わず表してくれるものと予想
していたのですが、ドラマの中では 1分もなか
った様子。

そして、石田三成腹心の部下「島左近」の存在
も、関ケ原の東西軍の激突もドラマの中でもう
少し描かれるかと思いましたが、思いのほか。
淡泊でしたね。

歴史の大きな歯車の動きも真田一族からの視点
では、それほど大きなものではなかったのかも
しれません。

それを表したかったのかもしれませんけど。
やはり、いささか迫力不足の感は否めません。

真田一族を二分していただけにどちらかが憂き
目にあう流れがこのアトあるでしょうしね。
それを描くことが主体かも?

ただ、徳川秀忠が二代将軍へ昇った以後、真田
信幸へ冷めた対応にも繋がる合戦です。

それに転じる上田合戦が淡泊すぎるのは残念な
気もします。

もっとも、三谷幸喜さんは秀忠が真田一族に対
して、冷淡な態度を描くことは考えていない!
かもしれません。

それは当方の歴史観ですから。

話を進めます。

真田昌幸側の親部隊である石田三成率いる西軍
の動向を把握する前にです。
真田昌幸、信繁の真田部隊が酒宴とはいささか
軽率な気もします。
が、これもドラマゆえでしょう。

おそらく、三谷幸喜さんは遠く上方から離れた
信州の真田一族からすれば、事の重大さ如何に
関わらず、合戦の実況中継があるわけでもない
のでこのような程度にしか見えない!
と言いたいのかもしれないですね。

とすれば、真田一族の各人は勇猛果敢、知恵者
としてもです。
歴史の流れを構成する主軸にはなり得なかった
のだ!
とも感じさせてくれます。

という感じで歴史ドラマの主人公で歴史の本流
に位置した人を選択しない限り。

描きは難しいのでしょう?
そんなことを頭に浮かべては消しています。

支流の中で大きく描くは限界があるのかもしれ
ません。

第 2次上田合戦でも徳川方を引き付けて、徳川
秀忠率いる徳川主力軍が関ケ原に遅参する流れ
が描かれると。
真田一族の強者としての姿が印象に残ると思っ
たものですから。

残念ながらそれはなかったということ。

あと徒然ながら頭に浮かぶのはこれでしょうか。
あまりに草刈正雄さんの真田昌幸が前面に出て
きます。

もう 9月でもないのですが、堺雅人さんを軸に
するような流れはどうなんでしょう。

真田信繁にわからない部分も多いからかもしれ
ませんが、かなりかぶっているように見えます
からね。

確かに武将として昌幸は映えますから。
仕方がないかもしれません。

余計かと思いつつ、映像を見ながら堺雅人さん。
どう思っているのかな?
なんてですね。

ところで、次回は真田一族には厳しい仕置きと
その出発になるのでしょう。
紀州に配流となる真田昌幸、信繁親子の動きが
興味深いですね。

さらに、1600年を越えて 17世紀初頭の日本の
歴史を描くと思いますので徳川幕府の成立への
流れも含めて期待したいものです。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

真田丸 関ケ原の戦い

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. アニメ ガルパン
  4. 世相 雑学
  5. おんな城主 今川義元
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。