「真田丸」の第31回「終焉」・・史実はどうなのか・・ 出浦昌相は死なないはずだが? 拙速に見える真田昌幸の家康暗殺の謀!

この記事は2分で読めます



こんにちは。
今回も徒然に思うのです。
「真田丸」に関して。

こういう展開もありなのか?と思ったことですね。
何も真田で天下の大事に関わることをしなくても?
と頭にはビットが立つのです。

何かと言えばこれです。
石田三成が真田昌幸に徳川家康の暗殺を依頼する
のです。

ドラマの題名が「真田丸」ですからね。
真田氏が表面に出ないとドラマにならないのかも
しれませんが、ずいぶん思い切った展開に見えま
す。

どの道、暗殺行為をさせるなら豊臣恩顧の家臣団
で十分かと。
と思ったりもしますがどうでしょう。

真田丸 出浦昌相

歴史的にはどうなのか知りませんけど。
仮に史実とすれば、なんとも拙速すぎる感じです。

とにかく、結果として出浦昌相の家康暗殺失敗!
ちょっと、寂しいというか。
むなしい感じでしょう。

こればかりは真田昌幸の謀ごとにしてもですね。
くどいながらも、勇み足の感じが強く残ります。

でも、ドラマですからね。
ストーリーに抑揚といいますかデコとボコは必要
と思いますから。
仕方がないのかもしれません。

ただ、寺島進さんの出浦昌相は好感度高く見てい
たので、あまり傷ついて欲しくないですね。

そちらの意味でもちょっと残念というところ。
まさに感情移入しています。

ところで、今回のドラマの展開で出浦昌相は暗殺
失敗で命を落としそうになっています。

そこで、三谷幸喜さん、このあたりはどのように
味付けをするのでしょう。

いわゆるいくつかの歴史読本を見るとですね。
今回の暗殺未遂で落命にはならない様子。

なぜなら、晩年は真田信幸(信之)に仕えるので
す。
そして、80歳近くまで存命とあるからです。

役割もドラマでは自らも忍びの者として登場して
いますが

こちらも数々の歴史読本では史実に一番近い!
と思われるものによれば。
忍びの者を束ねる立場だったようです。

どうも、直接干戈を交えるような危ういというか。
怪しい行為はしていなかったともあるのです。

何はともあれ大阪の陣の後、家康が死没し秀忠が
名実ともに徳川幕府を仕切る時代もですね。

真田信幸(信之)の松代藩家臣として生きていた
ようなので、ドラマはかなりデフォルメしている
のかもしれません。

とにかく、次の第32回を見てからです。
今後、どのようにストーリーが続くのか。
興味深いでしょう。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

真田丸 出浦昌相

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ショーンK テレビ
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

スポンサードリンク



ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。