氏長・長親ら成田氏の「忍城」! 石田三成麾下 豊臣勢の北条の関東支城攻めの一つとして『真田丸』ではどうなる?

この記事は3分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

なぜ目立つ?

2012年の
映画「のぼうの城」は
ここでは横において

この城が
名を残す
大きな理由の一つ

北条氏の小田原本城が
豊臣秀吉側に落ちても

石田三成麾下の豊臣勢に
奪われることなく

戦闘継続中の城であったことが
大きなものとして挙がる!

項 目

1 北条の関東支城・・忍城
2 城主成田氏の生き様
3 石田三成麾下の豊臣勢

スポンサードリンク

北条の関東支城・・忍城

良く知られる北条方としての忍城は
15世紀末の築城。

一説によれば藤原氏を祖とする成田氏によるもの。

特に
成田正等(しょうとう)、成田顕泰(あきやす)の頃に
その基礎が築かれたとあり

その後、幾たびかの改修を経て
戦国末の豊臣秀吉による小田原合戦(北条攻め)時の
姿を形作ることに。

その位置は武州・・武蔵の国、利根川沿い近く
現在の埼玉県行田市。

行田市に出かけると
北側に「利根川」、南側から西側に「荒川」
・・と水に大きな影響を受けそうな地域。

また、行田の北から東側を包むように
「忍川(おしがわ)」が流れており

かつては水系、水運が
発達していたような感じを受けます。

戦国時代において関東七名城の一つ。

《関東七名城》

 忍城(行田)
 厩橋城(前橋)
 金山城(太田)
 河越城(川越)
 唐沢山城(佐野)
 宇都宮城(宇都宮)
 多気城(つくば)

また、忍城は
小田原合戦(北条攻め)の関東支城攻めの最中

石田三成による水攻めにも抗し切り
『浮き城』あるいは『亀城』
と呼ばれているとも。

残念ながら、現在は郷土博物館として
城の形をした建物があるだけですが
忍城
近くに水城公園と呼ばれ
大きな沼のような池が
その名残のように見えます。

城主成田氏の生き様

ところで
城主であった成田氏を見ると
もともとは地侍的な豪族であり

城持ちとして頭角を現したのは
成田正等、成田顕泰の頃のようです。
忍城 成田長親
その後、顕泰の子である親泰(ちかやす)の時は
山内上杉氏 関東管領 上杉憲政(のりまさ)に従い
上州前縁の武州を拠点として
北条氏と対抗することに。

また、
1546年の河越夜戦(かわごえよいくさ)時の
山内上杉氏の大敗、扇谷上杉氏の滅亡によって
成田長泰は北条氏康側に旗幟を鮮明に。

しかし
上杉謙信の小田原攻め・包囲が起こると
主家を上杉に変節。

ここでも続きがあり
一説では

源義家以来の礼式時の
乗馬を許された家系を理由に

鶴岡八幡宮での
上杉謙信の関東管領就任時に

乗馬で振る舞ったことから
冷遇を受け、離反、再び北条へ。

さらに
再び上杉の圧力で
長泰が家督を氏長に譲ると
その流れから氏長は上杉謙信方へ。

ただし
1569年に上杉と北条の同盟(越相同盟)が
成立すると、北条方へ。

以後は、北条と上杉の力関係を見ながら
主家を変えるような状態が続き

小田原合戦(北条攻め)並びに忍城攻めを
迎える流れのようです。

戦国の世を生きるとは
素直と実直だけではダメだ!
・・と思わせるものが
多々ありそうな成田氏です。

なお、忍城攻め、忍城の攻防戦では
成田長親の名がよく上がりますが

500の残余兵で
忍城をよくまとめ、よく使ったのは

長親もそうでしょうが
家来衆の力も大きかったようです。

その配下の武将にこの3将が・・。

 正木丹波守
 酒巻靭負(さかまきゆきえ)
 柴崎和泉守

石田三成麾下の豊臣勢

備中高松城を秀吉が攻めたように
後世に石田堤と呼ばれる構築物を作り
忍城も水攻めで試みた石田三成ですが
忍城 成田長親
麾下の軍勢の武将は
当時の豊臣家の中では近しい関係者
あるいは力のある者に見えます。

忍城攻め時の石田三成麾下の
主だった武将は次の通り。

《豊臣恩顧の家臣団》

 石田三成
 大谷吉継
 長束正家(なつかまさいえ)
 浅野長政

長束正家は、関ケ原の戦いの際にも
あまりパッとしないようです。

兵糧を対象にした補給関係が得意!
とちらかというと
軍事行政官僚の類のようです。

《真田》

 (真田昌幸?)
 真田信繁

昌幸はどの程度関わったのでしょう?
この時代を
見たわけではないのでわかりませんが

信繁の方がいくつかの資料を見ると
共通して出てくる機会が多いようです。

《上杉》

 直江兼続

《奥州佐竹》

 佐竹義宣

この陣容を見ると
石田三成が扱いやすい武将を揃えた?

そのようにも感じますが
結局・・

北条氏の小田原本城が落ちたアトでの
忍城接収と考えると

石田三成は若すぎたのか?
人の扱いがヘタなのか?

2万の兵を率いたにしては
やや?

軍事行政の官僚としては
秀でているようですが

実戦は不得意だった!
・・のかもしれません。

という感じで
この小田原合戦(北条攻め)の忍城攻めを
見ていますが

これをドラマ『真田丸』が
どの程度取り上げてくれるのか
ちょっと期待しています。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 孤独のグルメ 富田靖子
  2. 内野聖陽 家康
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。