感想『真田丸』第15回「秀吉」で見た上司・親分への相槌対応の機微・・信繁の対応は上司の望む内容で答える?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



『真田丸』第15回を見て。
また、歴史探訪をしつつ遊んでみます。

とにかく、今回はいろいろと凝縮されたものがある
感じです。
中でも秀吉のやり取りに関わることで思ったことを
いくつか並べてみます。

項 目

1 太閤検地・・尺度の統一
2 上司への相槌対応

真田丸 太閤検地

太閤検地・・尺度の統一

今回、第15回はいつも以上にですね。
中身が濃い感じがします。
特に、関心高く、興味を覚えるのは、秀吉が枢要な
家臣を集めて、検地に必要な石高計算の尺度統一を
図る会議を設けたことでしょう。

検地に関することもさることながら。
最初に目を引くのはこちらの部分。
秀次に関して、切腹を予見させる暗愚さを醸し出し
ているところと思うのです。

秀次に問いかけても、まともに回答できない姿です。

とはいえ、言い出しておきながら、それは横に置く
ことにします。
今回はそれよりポイントが高いと思うところがあり
ますから。

続いてこれはと思うものは、有能な人物に対しては
とことん機会を与え使い込む姿勢ですね。
まるで、現代社会の会社の姿とあまり変わらない!
そんな会議スタイルにも見えます。

もっとも、現代の会議がすべてドラマのように。
淡々と流れるとも思えません。
すべてとは言いませんが、多くは冗長な会議が多い
でしょう。

そして、こうした印象を持たせてくれるところから。
ドラマのベースは現代社会なのか?
と思わせます。
(もっとも、皆、現代人ですから。)

さらに、少なくともドラマの上では秀吉というか。
ドラマの制作側は、昼間の酔席でのひらめきを強調
するに至るわけですが。

まるで遊びから仕事が生まれるとでも言いたいのか!
そのように思わせるものもあるのです。

もっとも、定石のように門閥重視では困難を乗り越
えられないと強調する部分。
実力重視の思想にこだわった姿も。
しっかりと映っていると思います。

スポンサードリンク

上司への相槌対応

続いて、面白いと思うことがあります。
秀吉に問われた真田信繁の答から生まれる!
家臣を競わせたいストーリーです。

あの場合、枡の大きさの統一の必要性。
おそらく、これは周知の事実でしょう。

大事な点はそれを実行する力、強制する力が必要な
ことと思われるのです。

そこで、それを幕僚級の家臣団に納得させるために。
あえて羽柴・豊臣門閥外の信繁に答えさせ、競争心
を煽るところが、秀吉の人の操作の巧妙なところ。
それを描きたいのではないでしょうか。

きっと、豊臣家臣団は信繁に引けを取ってはならぬ
と前のめりになる!
それは十分考えられますからね。
秀吉から「ういやつじゃ」と褒められたいでしょう。

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST [ 服部隆之 ]


さらに、もう一つ思うことがあります。
信繁がもし、あの場で秀吉への回答に躊躇!
それがあるならば、こんなことが考えられると思う
のです。

それは正しい答えを表すことよりも。
秀吉の望む答えは何であるのか?
それを考えることでためらうのではないか!
ということ。

これはまさに現代的な考え方ですよね。
というか、古来から同じかもしれませんけど。

とにかく、時代劇といってもですね。
その時代に生きた人がいるわけではないのです。
どうしても、現代社会と同じような姿が現れるのは
仕方ないですよね。

無理くり、そのように見なしていますが。
かつて、あまりにもよく見た光景ですからね。
つい、そのように捉えてしまいました。

で、妙に可笑しみを感じることに。

ただ、ドラマを見る限り。
上司、あるいは親分は、部下、家来に問う時。
意見を求めているのではなく。

相槌もしくは。同じ答えを求めている!
それは変わらないように感じるのです。

今回も徒然ながらこのように、では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 直虎 最終回
  2. せごどん ラブぜよ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。