『真田丸』真田信繁の堺雅人さんもそうだけど! 徳川家康の内野聖陽さん他のキャストもすごい!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは、今回も『真田丸』を題材に歴史で遊び
ます。
そして、真田一族はじめのキャストに「おっ」です。

項 目

1 大河ドラマ
2 真田一族とキャスト

真田丸 堺雅人

2016年の大河ドラマ

2016年のNHKの大河ドラマは、1月10日が
はじまりですね。

真田信繁役に堺雅人さんと発表があった時は、あの
『半沢直樹』の印象が強いので、武者姿はどうかな?
なんて思っていましたけど。

ツイッターで上田市のつぶやきを見ると。
堺雅人さんの武者姿を表したものがありまして。
なかなか、堂にいったものでしょう。

役者さんですから、それなりにおさまるのかもしれ
ませんが、でも、決まっています。

ところで、かつての『真田の荘』は現在の上田市の
一部を構成していたと聞きます。
ですから、上田市も「じげ起こし」を兼ねて応援し
ているのでしょう。

かつて、佐久、小諸あたりは小県(ちいさがた)と
呼ばれる地域を形成していたことも関わりがあると
思われますから。

また、このあたりは武田信玄の父、武田信虎が領土
拡大の野心を持って北信濃に攻め込んだ謂れもあり
よく知られるところなのです。

スポンサードリンク

真田一族とキャスト

ところで、この『真田丸』は戦闘時の陣『曲輪(く
るわ)』を指すと言われますが。
あえて、ドラマにその名称を持ち出すことから。
真田家の印象をより武門の誉れ高い家筋として植え
付ける思いもあるのでしょう。

NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック THE BEST [ 服部隆之 ]


ところで、この真田家を軍略家一族とするならば。
もちろん『幸村』の異名を持つ信繁も大阪の陣では
名を馳せるわけですから。
相応の名将であることは間違いないでしょうけど。

それ以上に信繁の祖父・真田幸隆に、より大きい
ものがあるようにも感じます。

なんと言っても、この幸隆は甲斐の武田、信濃の
小笠原に追われる形で、当時の関東管領職の上杉
憲政に身を寄せているのです。

そして、あの有名な『川越夜戦』(1546年)
の後は、武田信玄(晴信)に付くという離れ業で
旧領『真田の荘』を回復し、真田の基礎を作るの
ですから。

また、この幸隆に関わるところは徳川家康を演じ
る内野聖陽さんが山本勘助を演じた2007年の
大河ドラマ『風林火山』でも表れています。

その中で、「真田幸隆」(佐々木蔵之介さん)を
持ち上げるシーンも多かったので、ドラマで目に
入れた方もいるのではないでしょうか。

とにかく、どん底から這い上がり、自らの領土を
回復する生き様から、後世の人々に何らかの魅力
を感じさせていると思うのです。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「風林火山」 [ 千住明 ]


もっとも今回の大河ドラマでは幸隆の登場はない
様子。

ですから、時代は幸隆が活躍した武田の勢威ある
時代よりやや下った頃が、背景かと。

おそらくは、長篠の合戦で「幸隆」から見れば。
長男と次男、信繁から見れば叔父のふたりが戦死
した『真田家』存続が危ぶまれる頃かも。

となれば、幸隆の三男である昌幸が家督を継いだ
以降、ではないか?
と想像は膨らみます。

ともあれ、昌幸から信幸、信繁の時代に繋がって
いくストーリーが主体になるのでしょう。

そして、やはり目立つ俳優さんはこちらでしょう。
主役・真田信繁の堺雅人さんはですね。
言うに及ばずとしても、昌幸の草刈正雄さん。
続いて、信幸の大泉洋さんがまず挙がるでしょう。

さらに、過去の大河で出演経験のある俳優さんも。
多いようです。

ベテランが重要な役どころ、脇を固めている!
ということでしょうか。
とにかく、キャストがすごい!

ちなみに、近藤正臣さんが本田正信ですから。
この一事を取っても、面白いことは間違いない!
と思うのです。

今回も徒然ながらこのように。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。