「おんな城主 直虎」第15回 中野直之の殺陣カッコイイね! オワリはスターウォーズEpisode 1のフンイキ感じませんか?

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

中野直之の殺陣カッコイイね!

今回は「おんな城主 直虎」で印象に残ったこと。
対象は第15回「おんな城主対おんな大名」ですよ。

印象深く映る最初のもの。
それは中野直之の刀さばきというか殺陣でしょう。

おんな城主 殺陣

とはいえ、切っても血が吹き出ません。
出ないところが日本のドラマの特徴、その点は中国のドラマとは違いますよね。
と、話が少々、まどろっこしくなりましたが、とにかく、カッコいいのです。

矢本悠馬さん。

そこで「この方、どこかで見たことあるな!」と、思っていたr・・。

たまたま、今日、IQ246「華麗なる事件簿」のDVDを見て気づきました。
第5話に登場です。

細かい話をしますが、海老アレルギーのばんちゃん役、階上から落ちて死んじゃう役です。
当方、ちょいとミーハーかなと思いながらも、ついつい、好奇心が高まります。

ただ、直之が、役柄とはいえ、とても横柄な態度に見えるので、城主にあたる言葉使いが「よろしくない」の印象も強いのですね(笑)
いなかのおじいさんみたいなモノの言い方ですけど。

ですから、最初は「なんて奴だ」なんて思っていたのです。
役柄なのに・・ね。

でも、ドラマずーっと見ていると、肝心な時はとてもカッコよいではないですか。

バサッバサッと。
敵対する侍どもを片づけていく姿はなかなか頼もしい。

あの場面で好感度上昇ですね。
また、いなかのおじいさんのようなことを言ってしまいました。(笑)

でも、ホント、矢本悠馬さん。よいね。

おんな城主 殺陣
※ イメージですよ。

なお、IQ246を見つつ関連して思い出したことがもう一つ。
昨年の年末『真田丸』の最終回あたりでも登場していましたよね。

ただし、役はその他大勢のうちの一人でした。
それで、当時はあまり目立たない役者さんと思っていたのです。

そんな先入観もあって『おんな城主 直虎』では、最初「誰だろう?」と気が付かなかった!
というわけ。
これが印象に残ったものの一つ目ですね。

続いて、二つ目はこちら。
直虎が今川館で寿桂尼に申し開きを行ったアト、井伊谷に戻りついた頃、民の百姓たちが集まる!
この場面ですよ。

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の 巻 イチトラ [ 菅野よう子 ]


当方は思わずスタウォーズかと思いました。

NHKの制作陣が意識しているかどうか、それはわかりません。
ですが『スタウォーズEpisode 1』の最後の場面によく似ている!と思ったわけです。

ナブーのパドメとナブーの人達、そしてカエルのようなグンガの人達に囲まれる場面と。
ともかく、ヒーローではなく、ヒロインのそばに従者、この場合は六左衛門があたるかと。
そして、田んぼ道に差し掛かると百姓たちの駆け寄る姿が何か。
「あれ!」と思わせるものがあるのです。

おんな城主 殺陣

気のせいか、直虎が井伊の館に戻る時の音楽もですね。
NHKは「違うよ」と言うでしょうけど。
何か。「あれ」と・・ね。
まあ、ともかく、そういう感じを受けたので、とても印象深かったということです。

で、もう少し突っ込むと、直之がR2-D2、六左衛門がC-3PO。
また「あれ」です。

もちろん、R2-D2は直之ほどカッコよく太刀さばきはできないでしょうから、僕の単なる見立てですけど。
ということで、第15回もとても興味深いのです。

今回もこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 太平記 バンデット
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。