『おんな城主 直虎』に登場する駿河の太守「今川義元」は通説どおりの公家描写に見える! が、なかなかの豪傑か?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

駿河の太守「今川義元」

今回は『おんな城主 直虎』の第2回を見て、今川義元を考えてみます。

おんな城主 今川義元

はじめに井伊家は遠江の一部を領地にしています。
ですが、そこは駿河の分国のような地域、いわゆる親分は駿河の大名。
それで、この当時、井伊家の親分はとても偉い貴人に映る人物、『御館様』あるいは『太守』と仰ぐ今川義元になるのです。

【太守】

鎌倉幕府の北条執権を指す場合が多いと思いますが、守護大名にもこの文字をあてているのです。
作者のこだわりを感じるところでしょう。

そして、井伊直盛はその配下です。

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の 巻 イチトラ [ 菅野よう子 ]


ともかくも、ドラマは不平不満が渦巻く姿を描きながらも、駿河のこの時代は今川義元が絶対権力者であったと表しているのです。

そこで、今川義元、ドラマでは今のところ、姿は見せても語りは少ないようです。
今までの多くのドラマでは京の公家色を強く押し出した姿が多かったと思うのですが、制作側の意図は従来とは違う様子。

おんな城主 今川義元

なかなか公家っぽい装束から、そのフンイキを醸しつつも、重厚感があるように見えます。

また、ドラマではどの段階で表されることになるのか、それはわかりませんが、今川義元は桶狭間で織田信長に討たれる身です。
そのためか敗軍の将の印象が強いのです。

それもあってか、義元をよく描いたもの・・知る範囲では見たことがありません。
ですが、駿河の太守となる座を獲得するまで、北方の武田ともずいぶんと駆け引きを行った歴史もありますからね。

つまり『うつけ』ではなく『やり手』の部類と言えましょう。
こうしてあらましに触れて、さらに進むと義元は、もともと先代太守であった今川氏親の嫡男ではなく、寺に預けられ氏親以降の継承者が亡くなったため、家来衆が擁立、還俗させた人物として浮き上がってきます。

ただ、京都に僧として遊学、お付きの家来もいました。
太原雪斎は有名でしょう。
とにかく、家来に有力者がいたためか、人物として思慮深く育ったとあります。

この部分をドラマで見たいと思われる方は、平成19年(2007年)の大河ドラマ『風林火山』をお勧めします。
イメージとして「あーなるほど」となるでしょう。

スポンサードリンク

また、還俗後は駿河太守の座をかけた兄との内紛(花倉の乱)を乗り越え、後は北条氏綱・氏康と争う「河東の乱」を切り抜けるのです。

意外なことに「花倉の乱」の時に井伊家は、遠江勢力と連携、今川義元の対抗勢力に参画していたとする読本もあります。
それを考慮すれば、義元が井伊家に厳しくあたる!
それは不思議ではないでしょう。

話を戻して、今川義元、歴史をあらためてひも解くと、軽い人物ではない!
これは違いないように見えてきます。

ドラマでも、この言葉は出ていました。

海道一の弓取り

作者、制作側も強い守護大名、武将、豪傑との位置づけはしているのでしょう。

ちなみに今川義元の妻は武田信虎の娘、武田信玄の姉にあたります。
ですから、武田家とは縁戚です。
また、北条氏康の妻は今川義元の姉(妹)。
今川氏真の妻は氏康の娘です。)

これから、政略結婚のオンパレードのような関わりを今川、武田に加えて北条の3家は持っていたことはわかります。

後に武田信玄の娘は北条氏康の子、氏政に嫁ぐのです。

続いて、ドラマに目を向けると、第1回、第2回を見る限り、ドラマの進む時代は今川家にとって北条氏康と駿河の東で争う「河東の乱」の最中にあたると思われます。

このころは同盟関係を持った関東管領の上杉憲正が北条氏康と対峙する色合いが濃くなっていた頃。
※ 河越夜戦(1546年)

まさに戦国時代から新しい時代へのうねりを強める時代です。
当事者は辛い日々だったでしょうが、歴史のウオッチ側は興味深いところになります。

ということで、井伊家はもちろん、今川義元も、どのように描かれるのか?
楽しみなドラマなのです。
(ちなみに演じるは春風亭昇太さん。)

今回もこのようにあれこれと頭に浮かべるのです。
では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 内野聖陽 家康
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。