天空の城・・ロボット兵が舞うラピュタ城・・「バルス」の呪文は今も続く! 宮崎駿監督のアニメの強さか!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

「天空の城ラピュタ」って!

これが再放送されるといつの頃からか・・
呪文(?)『バルス』が話題に上るようになりましたね。

項 目

1 超常現象的な「天空の城ラピュタ」
2 「滅びの呪文」バルスの人気
3 スーパーマシーンのロボット

超常現象的な「天空の城ラピュタ」

ジブリの宮崎駿監督作品・・まだまだ人気があります。
※ 画像はジブリ美術館のスナップ
ラピュタ バルス

このアニメの映画「天空の城ラピュタ」は1986年に
劇場上映でしたね。
当時、見に出かけた覚えがありますから。
ラピュタ バルス

それにしても息の長いというか、人気があるのです。
今まで何度も再放送されていましたが、とうとうその数
は15回を数えているのです。

直近の放送は、先日2016.1.15、日本テレビの
「金曜ロードSHOW!」でしたね。

ラピュタ バルス

視聴率が平均17・9%とあります。
それだけ、時代が変わっても惹きつける魅力があるので
しょう。

絵柄の良さと登場する乗り物、建物、服装の奇抜な発想
・・すべてかも。
それにこうしたイメージの発露はどこから?
と、見るたびに思います。

たとえばですよ。
プロペラの推進力の弱そうな鋼鉄の船がなぜ空を飛べる
のか?
「ハウルの動く城」でも似たようなものが出てきます。

ところで、このラピュタの名前はイギリスの作家。

スウィフトのガリヴァー旅行記

・・から採用されたそうです。
ただ、同旅行記とはまったく関連性はないとのこと。

そして、そのあたりのストーリーが出来上がる前のこと
は、承知しませんが、とにかく、はじめて見た時は奇抜
な乗り物などの発想に驚くと同時に興味を覚えたもので
す。

中でも飛行石の発想、奇抜感は大でしょう!

「滅びの呪文」バルスの人気

続いて、ストーリーで。
ラピュタ人は飛行石の結晶化技術を持ってですね。
圧倒的な科学力で天空から全地上を支配・・という話の
筋があるわけですが。

そんな素晴らしい技術があるなら、もっと地上を幸福に
した方が、多くの人に喜ばれるでしょう!
と、以前は何気なく感じたものです。

そして、そんな圧倒的な科学力と表現しながらですよ。
パズーとシータの「滅びの呪文」バルスを唱えることで
内部の機械、石垣のようなブロックまで壊れるというの
も・・「こんなんアリ?」と思うほど、おとぎの世界に
誘います。

面白ければいい!のかなと、ストーリー展開の不思議さ
は残りますが、あまり深く考えないようにしています。
今まで、そういう感じと見続けていますから。

(とりとめもない思いと言葉になりましたけど。)

ちなみにこの「滅びの呪文」

バルス

人気があります。

ここ数年、いやもうちょっと前から?
結構、口にする人もいるようです。

唱えても何が起こるというわけでもないでしょうが
漫画・アニメのパズーとシータに興味がとてもあること
は伝わります。

ラピュタ バルス

ともかく、人気があるのです。
大人でも飛行石のようなものをもって「バルス」と叫ん
でいる人もいますからね。

「ああ、好きなんだ」と新宿で見かけた時は素直に思い
ましたが、こうして人の心をつかむ現象も不思議な感じ。

スポンサードリンク

スーパーマシーンのロボット

でも、それは平和な話ですからよいのです。
あと、巨神兵ならぬロボットの兵隊さん。

これも不思議。
一応、材質が金属なのか粘土なのか、現代科学では分か
らないことを言っていたと思います。

金属と粘土では、ずいぶん差があると思いますけど。
でも、難しく考えてはいけないのです。
楽しく見れば、気持ちも楽になります、

また、顔にある二つのランプは音声装置とセンサー。
と言われていますね。
そして、飛行石を持つ人の命令に従い命令者を守るわけ
です。
ラピュタ バルス

しかも、これを見て驚いたのは戦闘用ロボットの兵隊は
翼のようなもので飛行することができるのです。
すごいのです。

ラピュタ バルス

さらに顔から攻撃用のレーザー光線を発射します。
とてつもないスーパーマシーンです。

と思えば、同類のロボット兵隊は花を摘んで飾ろうとも
しますから、何とも心優しきスーパーマシーンでもある
のです。

そして、この不思議さが宮崎駿監督の真髄なのでしょう。
と、なんとなく、勝手にそう思っています。

今回もこのように徒然に、では。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。