孤独のグルメ、SEASON7、韓国ソウル編で見たケジャン、マシッソヨ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク




ラビカリです。

今回は孤独のグルメを見て思うこと。

ちょっと旬の時期を逃してしまいましたが

韓国、ソウル編です。

と、勝手にソウル編と命名しましたが

よかった・・かな?

と、少々、心配しつつも

ソウルのお店でのできごとですから

このまま進めますね。


そして、はじまりは韓定食と言うのでしょうか?

キムチのお皿が、ダダーッと出てきまして

そのあと、焼肉?

プルコギをほおばる姿に井之頭五郎は

なっていました。


だいたい、食べて満足な姿は

日本でも韓国でも変わらないのでしょう。

笑っている人はいても、怒っている人は

いませんから・・ね。


また、番組の中で

井之頭五郎は出演していた韓国人から

チェーミインヌンイルボンサラム

(面白い日本人)

と言われたり

何とか、食への思いを遂げようとする姿が

とてもコミカルに描かれています。


そこで、ある一場面を切り取ると

食への要求を貫く

井之頭五郎が持つ食欲の流れの中で

ケジャンと呼ばれるワタリガニのキムチ?

・・にしばし執心する姿があります。


キムチ・唐辛子付けしたカニの切り身を

もの珍しげに、おいしそうに食べていました。

確か、あれって

スポンサードリンク


ソウルの方ではよく見ますよね。

でも、釜山とか、南の方では

ないとは言えませんが、あまり見ません。


カニはワタリガニでしょうから

よく取れる海域が決まっているのか

保存に適した気候も関係しているのかも。


ちょっと、調べてみると

ワタリガニがよく取れるところは

ソウルより北東の仁川から

西に広がる黄海の様子。

また、ソウルは釜山よりも緯度が高いので

寒いのでしょう。


ですから

材料も入りやすく、保存も可能なため

ソウルでは比較的

目に飛び込むのかもしれません。


と、ケジャンへ、なぜか目が奪われましたが

あの食べ物、基本、生なんです。

食べたことがある方は、お判りでしょうけど。


よく保存できるものと

不思議に以前から、ちょいと思っていたのです。


その思いが、今回、ちょっとだけ

解消に向かったかもしれません。


そのほかキムチ化するというのか

トウガラシをまぶす効果は、

保存食への転換に有効なのかも?

井之頭五郎の食べっぷりから

つい、そんなことを夢想します。


そして、終わりの「マシッソヨ(おいしい)」

いや、たぶん、こちらでしたね。

「マシッソッソヨ(ああ、おいしかった)」

で、しめくくっていました。


食べ物、食グル番組らしくて

何か、安心感を覚えます。


今回はここまでです。

お付き合い、ありがとうございました。

失礼します。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. IQ246 石黒賢
  2. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

現在、代替わりして一年半
(令和元年7月1日現在)
試行錯誤を経て現在の姿に落ち着いています

そして
管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛
毎日何かに興味を持ち
「これは」と思うことに目を向けております。

基本、日々のできごとから
● 感じたこと
● 受け止めたこと
● 思うこと
・・を「雑学」的に言葉にし、何か残せるもの
お役に立つ形があれば、と日々あたっていますので
お寄りいただければ幸いです。

よろしくお願いします。