『孤独のグルメ』が始まる! SEASON6の初めは大阪が舞台らしい? お好み焼きと串かつもいいね!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク



こんにちは。
今回も徒然に思うことです。
『孤独のグルメ』SEASON 6に関して。

これまた始まるのですね。
実は始まるのを知ったのは昨日だったのです。
もう少しで逃すところでした。

今日の深夜から第 1話が始まりますから。

ちょっとTwitter見たら、あったのです。
でも、よく見ると 2月の末から。
4 月の頭に始まるとありますので、きっと世間
では知っている人はいっぱいいたのでしょう。

しかし、『孤独のグルメ』の最初というか。
SEASON 1は2012年の 1月でしたね。
そしてSEASON 2が同年の10月から。

SEASON 3・・2013年 7月
SEASON 4・・2014年 7月
SEASON 5・・2015年10月
間にスペシャルがいくつか入って5年目です。

孤独のグルメ お好み焼き

長寿番組ですね。
いずれも興味深く面白いのですけど。
中でも当方の印象に濃いのはSEASON 3と 4です。

何がどうで、そう思うのか。
それはわかりませんが、ドラマ『孤独のグルメ』
として完成域に入ったと感じるからでしょうか。
門外漢がそんなことを言うとですね。
叱られそうですけど。

でも、そう思っているのです。

SEASON 5はゴローさんが冗舌になった?
それもそれでよいのですが。
こんな感じで楽しめるドラマですね。

と、当方が冗舌になり過ぎました!

ところで、SEASON 6の第1発目というか第 1話。
大阪が舞台のようです。
さっそくお品書きを見ると。

タイトルもこうありますね。
長いのと短いの・・2つのようです。

『大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ』
『大阪のお好み焼き定食と串かつ』

本当は長い方でしょうけど。
とにかく、大阪を表す言葉が詰まっています。

● 大阪
● お好み焼き
● 串かつ

なかなか、意識が前に出ている感じ。

お好み焼きは言わずもがなで、よく関西風云々
と言われますからね。
知っている人は多いので、「ああ、あれあれ」
なんて感じで受け止めてしまうでしょう。

当方としては関西風も広島風も目の前にあれば
どれも美味しく頂戴しますので特にこだわりは
ありませんけど。

ただ、ちょっと触れると。
関西風と広島風の大きな違いはここでしょう。
と言ってもよく聞く範囲の中での話。

関西風・・キャベツをザクッと切る
広島風・・キャベツせん切り

関西風・・長いもあり
広島風・・いもは聞かない イカ天かすあり

関西風・・基本的にソバなし
広島風・・ソバあり

まあ、知っている人にはですね。
どうでもよいような比較ですけど。
大きいところはこういうところでしょうか。

続いて串かつにちょいと触れるとですね。
これは千差万別でしょう。

ただ、ずいぶん以前の話ですけど。
大概のお店にソースのツボのようなものがおい
てあるのです。
要は揚げた串かつをそれに漬けて食べるわけ。
ですが、ちょっとお作法もあるのですね。

まあ、これも当然と言えば当然なのですが。
食べさしを漬けないでくれ!ということ。

ちょっと古い前はですね。
平気でそういうことをするお客さんもいたもの
ですから、店主が怒るのを見たことがあった!
ということ。

だいたい、串かつを食べる人。
お酒のあてにしますからね。

つい酔っぱらって、ドボンと。

ということで、今回のタイトルを見るとです。
つい、そんなことが頭に浮かんでしまいます。

ということで、4月7日の夜の放送がですね。
どんな構成なのか楽しみに。

今回も徒然ながらこのように思うのです。

(オワリ)

スポンサードリンク

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. キャプテンファズマ スターウォーズ
  3. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。