「孤独のグルメ」SEASON5の最終話に『赤い彗星シャア』が好きな富田靖子さんが出るよ!

この記事は2分で読めます


世相 雑談

スポンサードリンク

『赤い彗星シャア』が思い浮かぶ!

今回は「孤独のグルメ」の予告を見て。
チョイ思い出したことから。

最終話は富田靖子さんがゲストとあるのです。

項 目

1 富田靖子さん
2 赤い彗星が好き!

富田靖子さん

「孤独のグルメ」SEASON5、いよいよ最終話へ。
『第12話 東京都豊島区西巣鴨の1人すき焼き』
とあります。

早速、TV TOKYOのお品書きを見てみましょう。
すき焼きも確かに興味を覚えるところではありますが。
それ以上に次回は富田靖子さんが出演ですからね。
いつも以上に、チェック熱が高まります。

最終回をどのように飾るのでしょう。
予告編から、すき焼き屋さんの「おかみさん」役。
それは間違いないと思われますけど。

そこで、他局の番組などを見て、富田靖子さん出演関係
をピックアップしてみると。
まずは、こちらがあります。
朝のNHKドラマで名前を見つけます。

『あさが来た』

続いて、僕が知らないだけで結構出演番組がある様子。
そして、思い出すものでは、過去のものですけど。
こちらもありますよね。
民放で『美味しんぼ』の栗田ゆう子役。

これは途中出演でしたが、可愛いらしさが際立っていた
覚えがあります。

また、そのほかにも、こちらの場合。
富田靖子さんは松重豊さんと同じ大河ドラマで出演して
もいるのです。

平成9年『毛利元就』
毛利元就の妻役(美伊の方 )として。
これはよく見ていましたからね。
覚えているのです。

美伊の方は戦国時代の安芸の国の吉川家の娘。
毛利家の元就(中村橋之助さん)に嫁いで、登場となる
のです。

そして、松重豊さんが演じるのは、元就の次男ですから。
なんと富田靖子さんは、母親役を演じていたのでした。

役者さんというか、芸能人の方はあちらこちらで出会う
でしょうから、別に不思議ではないでしょうけど。
そんなことを、つい思い出してしまうのです。

スポンサードリンク

赤い彗星が好き!

さらに続けて、富田靖子さん。
30年ぐらい前には、こんな話もあったのですよ。

ガンダム大好き少女!

というか、大好き女性として、結構知られていました。

特に、赤い彗星「シャア・アズナブル」が好き!
ってこと。
いわゆるオタク?・・にも映っていたようです。

とにかくですよ。
『シャアに興味のあるガンダムファン』とのイメージが
あったのです。
それで知っている人が今も多いと思うのです。
どうでしょう。

当時、男性は、その多くはですね。
『マチルダ中尉』が「よい」と言っていましたので。
それと同様な感覚で『シャア』がよかったのでしょう。

ただ、この赤い彗星「シャア」が好きなところ。
当時の男性側から見るとですよ。
富田靖子さんに親しみが持てる!
ポイントの高い部分であったと、思いますね。

そして、ガンダムが共通点ではあることはもとより。
それ以上に人気のある女優さんがアニメに関心を持つ!
これがより、当時のファンには近しく映ったのでしょう

つまり、当時の男性の気を引いたのかもしれません。
とにかく、好感度は高かったのです。

ということで、次の最終話の孤独のグルメでは。
富田靖子さんの存在感が、どの程度表れるのか!
楽しみです。

今回もこのように、では・・・。

(オワリ)

世相 雑談

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 世相 雑学
  2. 世相 雑学
  3. 世相 雑学
  4. 世相 雑学
  5. 世相 雑学
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログの早見カテゴリー

お知らせ並びに管理人挨拶

最初に唐突ながら、このブログ、日本語が難解というか。立ち上がり制限時間を設けての出発でありましたので、試行錯誤も加わり、お越しいただいた皆様方にはご不便おかけしたこととお詫びするところです。ですが、ようやく十分時間をもってあたれることとなりました。ですので、完全読解の日本語で皆様にお目にかかれると思います。(本来、そうあるべきですが、成熟が遅すぎました。m(__)m)実際は、まだまだ、完治とはなりませんが、日々前進しておりますので、是非とも、お寄りいただければと存じます。よろしくお願いします。

また、管理者は諸事全般にわたり好奇心だけは旺盛、毎日何かに興味を持ち、これはと思うことに目を向けております。基本、日々のできごとから、感じたこと。受け止めたこと。思うことを「雑学」的に言葉にしています。そして、その中で何か残せるもの、お役に立つ形をがあればと日々模索のところです。